眼の健康などの視力に関する情報発信

バスケットボールのフリースローのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットボールのフリースローのコツ

目から情報を取り込み

その情報に基づいて体を動かす。

サッカーやバスケットボールのように

敵味方が入り乱れる中であっと驚くような

スーパープレーをしたり、

サッカーのPKを蹴ったり

バスケットボールのフリースロー

野球のバティング、

ゴルフのパティングの際、

選手は必ずどこかに視線を置きそれを

判断基準にしてプレーをしているのだ。

それぞれの一流の選手のプレー中の視点の

置き所がわかれば一般のプレーヤーの

技術向上にきっと役立でしょう。

 

スポンサードリンク



 

フリースローをする選手の視線

バスケットボールのフリースローの成功の

コツはフリースローをする選手の視線の

置き所にあるといえるでしょう。

 

フリースローをする選手の視線は

リングの前を見る選手や

 

リングの奥に視線を置く選手もいます

選手によって様々です。

 

しかしフリースローのうまい選手に共通

しているのは、構えてからリリースするまでの

間の視線の動きが少ないということです。

 

フリースローの成功率の高い選手ほど

視線の動きが少ないのです。

 

逆に成功率の低い未熟者ではどうでしょうか?

未熟者の視線はリング、ボードなどの間を

磯かしく動いているのです。

 

スポンサードリンク



 

動きの中のシュート

パスをもらってからシュートするまでの

視線は気になりますね。

 

 

シュートが成功するときにはパスをもらってからの

一連の動きのかなり早い段階で視線が停止している。

 

これは、視線が停止することでリング、ボード

などの位置関係や距離などを正確につかむことで

シュートに適切な姿勢が取れるのだ。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

バスケットボールは激しく動き回るスポーツ

なので視線をとめるのは難しいことであろう。

 

しかし、シュートの成功のコツは動かない視線に

あるといえる。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。