眼の健康などの視力に関する情報発信

サッカーに必要な広い視野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サッカーに必要な広い視野

スポーツで必要な見る力

・はっきり見えていること

・動くものを追跡して見ることができる

・広い視野があること

・瞬間的にぱっと判断できること

サッカーに必要な広い視野について

見ていきましょう。

スポンサードリンク



 

広い視野

b5a83041f6a08d0b03f54b93f83238a3_s
サッカー、バレーボール、バスケットボール

などのスポーツは周囲の状況に応じた

最適なプレーが求められます。

 

これらは視野の広さが重要になってきます。

サッカーでは視野の確保がよく言われます。

これは周辺視を使って相手選手や味方の

 

位置を把握しておくことである。

 

逆に相手の視野から外れるのもテクニックと

なります。

 

有効視野

サッカーではボールをドリブルすれば

相手はそのボールを奪いにくる。

このときボールを見ながらも同時に

意識を相手選手の動きや位置、

また味方の動きにも注意を向け

把握しておかなければならない。

このようにボールを見ながら

同時に周りを見ることができる

視野の広さを有効視野と呼んでいます。

車を運転する場合対向車を見ていても

同時に自分の周囲にいる車、自転車

信号などを見ている

この周囲を見ることができる範囲が

有効視野の広さといえる。

スポンサードリンク


有効視野の特徴

ec1cb8a1c35e56e127f281131fe7b154_s
 

友好視野は心理的なことにより広くなったり

狭くなったりします。

 

あるものに注目している時は同時に周辺に

意識が向けられないので視野が狭くなっている

車の運転の場合、狭い道路を子供や自転車

歩行者に気をつけて運転する時は、

前方に気を配っているので周りに意識を

向けることができない、これでは有効視野は

狭くなっています。

 

それに対し広々とした道路で歩行者の飛び

出しもないところを走っている場合は、

意識して前方に注意を向ける必要が無い

このとき有効視野は広くなっています。

 

このように有効視野の広さは一定ではなく

注意の向け方で広くなったり狭くなったり

しているのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

サッカーに求められる視野の広さについて

見てきました。

 

サッカーにおいてボールを見ながら同時に

周りを見ることができる視野の広さを

有効視野という

 

しかしこの有効視野の広さは一定では

ない。

 

と言う内容でした。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。