眼の健康などの視力に関する情報発信

ゴルフは目を動かさないこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ゴルフは目を動かさないこと

目から情報を取り込み

その情報に基づいて体を動かす。

サッカーやバスケットボールのように

敵味方が入り乱れる中であっと驚くような

スーパープレーをしたり、

サッカーのPKを蹴ったり

バスケットボールのフリースロー

野球のバティング、

ゴルフのパティングの際、

選手は必ずどこかに視線を置きそれを

判断基準にしてプレーをしているのだ。

それぞれの一流の選手のプレー中の視点の

置き所がわかれば一般のプレーヤーの

技術向上にきっと役立でしょう。

スポンサードリンク



 

ゴルファーの視線

止まっているボールを打つほど難しいものは

ない。

 

ボールから目が離れたらうまくスイングできない

しかし打った球の行方を早く知りたいとおもい

目が残らない。

 

これが初心者の最大の欠点である

ゴルフのうまい人はパックスイングから

インパクトの瞬間まで視線はボールにあり

インパクトの後も視線はボールがあった所に

残っているのだ。

 

これが頭が残ったスイングである。

 

これに対し初心者はインパクトと同時に

ボールの行方をボールの行方を追ってしまい

目が動いてしまいます。

 

これがヘッドアップしたスイングになって

しまいます。

 

動かない目線

ゴルフのスイングは体の回転運動である

回転運動では軸がぶれないようにしなければ

ならない。

 

そのためには動かない目標が必要である

それがボールであるのだ。

 

ボールから目を離さないことで軸のぶれない

回転運動になる。

 

それが初心者の場合インパクトと同時に目が

離れるため十分な回転運動ができません。

そのため泳いだといわれるスウェイのスイングに

なるのだ。

 

頭の残すスイング

ゴルフにおいてプレーヤーはスイング中に

頭が残っているか、自分では感覚的に

わからない。

 

インパクトまでボールを見てインパクト後も

しばらくボールのあったところを見ることによって

結果的に回転運動の軸がぶれない、

 

つまり頭が残るスイングが可能になるのだ。

 

 

 

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

ゴルフの視線について

見てきました

 

ゴルフの目はボールを見るのが基本

しかしインパクト後の視線はボールの

あった位置に残すこと、

これで頭が残るスイングができます。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。