眼の健康などの視力に関する情報発信

ピッチャーはボールを投げるときはどこを見ている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピッチャーはどこを見て投げる

目から情報を取り込み

その情報に基づいて体を動かす。

サッカーやバスケットボールのように

敵味方が入り乱れる中であっと驚くような

スーパープレーをしたり、

サッカーのPKを蹴ったり

バスケットボールのフリースロー

野球のバティング、

ゴルフのパティングの際、

選手は必ずどこかに視線を置きそれを

判断基準にしてプレーをしているのだ。

それぞれの一流の選手のプレー中の視点の

置き所がわかれば一般のプレーヤーの

技術向上にきっと役立でしょう。

 

スポンサードリンク


ピッチャー目線

野球のマウンドからベースまでの距離は

18.44mである。

ピッチャーはどこを目標にして投げる

のだろうか?

 

レベルの高いピッチャーの視線は常に

キャッチャーミットにあった。

レベルの低いピッチャーの場合上下左右に

ふらついているのである。

キャッチャーミットの大きさ

的が小さいと針の穴を通すようなもの

これではかえってコントロールが

つかないのである。

 

キャッチャーのプロテクターの大きさ

だと大きすぎて的が絞れないことになる。

そこでキャッチャーミットの大きさの

的が最適である。
スポンサードリンク


コントロール

ピッチャーはボールが手を離れるまで

動かない標的であるキャッチャーミット

を見て投げることでボールのコントロール

をつけていることが分かる。

 

これはピッチングの時に視線が

キャッチャーミット以外、バッターの顔

バットなどにふらふらと移ることは

ボールのコントロールが付かない

原因である。

動かない標的

キャッチャーの中には、ピッチャーが

投げる瞬間にキャッチャーミットを下げる

選手がいるが、これはピッチャーにすれば

的が消えてしまうということになって

しまいます。

 

これではコントロールが効いたボールを

投げるには不利な動作となります。

つまりキャッチャーは最後まで

構えたキャッチャーミットを動かさず

にいなければならないということ。

 

 

まとめ

ピッチャーの視線について

見てきました。

 

ピッチャーはキャッチャーミットを

めがけて投げているんですね。

 

ミットの大きさが的として

ちょうどよい大きさなんですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。