眼の健康などの視力に関する情報発信

PKではキーパーはどこを見ている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目から情報を取り込み

その情報に基づいて体を動かす。

サッカーやバスケットボールのように

敵味方が入り乱れる中であっと驚くような

スーパープレーをしたり、

サッカーのPKを蹴ったり

バスケットボールのフリースロー

野球のバティング、

ゴルフのパティングの際、

選手は必ずどこかに視線を置きそれを

判断基準にしてプレーをしているのだ。

それぞれの一流の選手のプレー中の視点の

置き所がわかれば一般のプレーヤーの

技術向上にきっと役立でしょう。

スポンサードリンク



 

サッカーのPK戦では

サッカーのPKは約8割の確率で成功する

と言われているほどキッカーが有利です。

しかしキーパーはゴールを守らなくては

なりません。

そのためキーパーはどこを見て

シュートの方向を判断するのでしょうか。

スポンサードリンク


キッカーの視線

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s
キーパーはキッカーが助走を開始

する前からあらゆるところに視線を

おいています。

キッカーの動作から飛んでくるボールの

方向を予測するのです。

まずキッカーがどこを見ているかを

チェックします。

これは多くのキッカーは確認のため

蹴りたい方向を見る癖があります。

キーパーはこれを見て大まかな

ボールの方向を決めるのです。

ただし選手のレベルが高くなると

蹴る方はわざと視線を逆方向に

むけたり、視線を全く動かさないなど

のテクニックを使ってきます。

 

 

軸足の向き

軸足の向きと体の傾きでボールの

飛んでくる方向を判断します。

ただしこちらも選手のレベルが高いと

軸足の向きと逆方向にボールを蹴る

ことが可能なのです。

キーパーの最終判断は蹴り足の向き

によります。

しかし蹴り足の向きを見てから反応

したのでは間に合わないのです。

そこでキーパーはある程度予測しながら

確率の高い方向に動くことです。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
サッカーのキーパーの視線について

見てきました。

キーパーはボールを蹴る人の

視線や体の向きからボールの方向を

判断します。

しかし選手のレベルが上がると

それらとは逆に向けてフェイクする

のです。

サッカーのPK戦はキーパーと

キッカーの読みの戦いといえますね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。