眼の健康などの視力に関する情報発信

糖尿病網膜症の症状は?進行段階に分けられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

糖尿病網膜症の症状は?進行段階に分けられる

糖尿病網膜症はほとんど自覚症状がない

のです。

 

気が付いた時には重症というのが

多いのです。

 

今回は糖尿病網膜症の症状の進行に

ついて調べます。

スポンサードリンク



 

単純網膜症

網膜症の最初の段階です。

網膜の血管が徐々に弱ってきます。

 

血管が破けてきて点状出血を起こしたり

血液中のたんぱく質が沈着して

硬性白斑ができます。

 

このときはまだ自覚症状はありません。

この段階であれば血糖値のコントロールで

治ります。

 

定期検診を受け病気の進行を食い止めます。

 

 

増殖前網膜症

この時でも自覚症状はほとんど

ありません。

 

この段階は網膜に血液がうまく流れなく

酸素や栄養がたらなくなり、出血や

シミはさらに増え、網膜の血管が詰まると

柔らかい感じのシミが現れます。

 

遅くてもこの段階までに適切な治療を

受けないと増殖網膜症になります。

 

スポンサードリンク


増殖網膜症

この段階になるとますます網膜の血流は

悪くなり、そのために網膜内に新しい

血管ができてきます。

 

この新生血管は正常な血管とは違って

非常に破れやすく出血を起こします。

 

この新生血管が硝子体にまで伸び

増殖して硝子体で大出血を起こします。

 

硝子体で出血すると、雲やスミが流れて

いるように見え、出血量が多いと視野全体

が暗く見えます。

 

網膜剥離を起こすと視力が低下して

失明の可能性も起きてきます。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

今回は糖尿病網膜症の症状の進行に

ついて調べました。

糖尿病網膜症の症状の進み具合は

単純網膜症

増殖前網膜症

増殖網膜症

という具合に進行します。

増殖前網膜症の時点までに治療を

施さないと失明の恐れがあります。

などが糖尿病網膜症の症状の進行

という内容でしたね!

今回こうやって記事にした事で

学ぶ事ができました。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。