眼の健康などの視力に関する情報発信

プール熱は感染症の結膜炎なので人にうつります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

結膜炎にはいろいろ種類がありますが

大きく分けると感染症の結膜炎と

アレルギー性の結膜炎に分けられます。

 

感染症の結膜炎は細菌やウイルスに感染して

起こるもので中には非常に感染力の強い

ものもあります。

 

そこで今回は感染症の結膜炎の咽頭結膜熱

について調べます。

スポンサードリンク



 

 

咽頭結膜熱とは

アデノウイルス3型、4型、7型の感染に

よって起こる結膜炎です。

 

別名をプール熱といい非常に感染力の

強い結膜炎です。

 

周囲の人にうつさないようにする必要が

あります。

 

学校に通う児童に多く見られ

プールなどを介してうつることが多いので

プール熱と呼ばれます。

 

咽頭結膜熱の症状

7日から2週間程度の潜伏期間のあと

白目が真っ赤になり、べっとりとした目ヤニが

特徴です。また涙がでる、ゴロゴロとした異物感

などの症状があります。

 

場合によっては耳の後ろのリンパ節が腫れたり

痛みがあることも・・・。

咽頭炎や発熱などの症状を伴います。

 

スポンサードリンク


咽頭結膜熱の治療

ウイルスに直接聞く薬はありません。

しかし細菌感染を防ぐためには、

抗生物質の点眼です。

 

発病後10日から2週間くらいで治ってきます。

咽頭結膜熱は感染力が強いので

周囲にうつさないように注意しましょう。

 

学校や会社、幼稚園、保育園などは医師の

許可があるまでは休みます。

 

咽頭結膜熱の感染予防

・タオルや洗面器などは家族と共有しない

・お風呂は最後に入るか、シャワーのみにします。

 

・衣類、シーツ、枕カバーなどは家族と別にして

手洗いしよく干す。

・目を拭いたティッシュペーパーはビニール袋に

入れて始末する。

・医師の許可が出るまで学校、会社、幼稚園、

保育園などは休みます。

 

 

まとめ

今回は咽頭結膜熱炎について

調べました。

 

感染症の結膜炎は人に感染するので

周囲にうつさないように注意しましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。