眼の健康などの視力に関する情報発信

片目だけ生まれつき眼瞼下垂の場合は手術で治ります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

上まぶたがきちんと上がらず垂れ下がって

目が開きづらい病気、眼瞼下垂について

調べます。

スポンサードリンク



 

眼瞼下垂

上まぶたがきちんと持ち上がらず

垂れ下がってきて目が開きづらく

なる病気です。

 

生まれつきの場合は先天性眼瞼下垂と

呼ばれ、後から起こる場合を後天性

眼瞼下垂と呼びます。

 

先天性眼瞼下垂

ad0c434baa99cf6dee461ac4c6840ba1_s
 

生まれつきまぶたを持ち上げる筋肉が

弱いために起こります。

 

片目だけに起こる場合や

両目に起こる場合もあります。

 

症状が強い場合は視野が阻害され

視力の発達に影響が出ることもあります

 

後天性眼瞼下垂

後天性の場合はいくつか原因があります。

最も多いのは老人性眼瞼下垂です。

 

これは加齢のため上まぶたを持ち上げる

筋肉がゆるむために起こります。

 

徐々に目をしっかり開けていられなく

なり自然とモノを見るときアゴを

上げたり、眉毛を上げたり、額にしわ

を寄せるようになります。

 

その他目の手術後、脳こうそくなどの

病気後に起こる場合、重症筋無力症などの

原因で起こる場合もあります。

 

またコンタクトレンズの長期使用が原因で

起こることもあります。

 

スポンサードリンク


眼瞼下垂の治療

先天性眼瞼下垂の場合は必要に応じて

手術を行います。

 

症状の程度によっては特に治療が必要ない

こともあります。

 

眼瞼下垂の手術

眼瞼挙筋腱膜前転術(がんけんきょきんけんまくぜんてんじゅつ)

眼瞼挙筋腱膜とつながっている眼窩隔膜を

はがして前方移動させ、眼窩隔膜や

挙筋腱膜をまぶたの縁にある瞼板

という軟骨に固定する手術です。

 

眼瞼挙筋短縮術(がんけんきょきんたんしゅくじゅつ)

挙筋腱膜をミュラー筋から剥がして

前方に移動して、瞼板に固定する方法です。

 

前頭筋(ぜんとうきん)吊り上げ術

眉毛を上げる筋肉である前頭筋と

まぶたをつなぎ、眉毛を

持ち上げることでまぶたが開く

ようにする手術です。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

今回は眼瞼下垂について調べました。

まぶたはデリケートであると同時に

目立つ部分ですよね。

 

眼瞼下垂の治療・手術を受ける際は、

十分な注意が必要ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。