眼の健康などの視力に関する情報発信

目の屈折異常の種類は?近視、遠視、乱視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目の屈折異常の種類は?近視、遠視、乱視

目のトラブルで一番多いのは

遠くが見えない近視や

遠くも近くも見えない遠視ですね。

これらを屈折異常と呼びます。

目に入ってきた光は角膜で屈折して

網膜に焦点が合って像が結ばれます。

しかし網膜にピントが合わないと

ぼやけた状態になります。

これが屈折異常です。

今回は屈折異常について調べます。

スポンサードリンク



 

近視

近視の種類として、角膜から網膜まで

の長さが長い軸性近視と

角膜と水晶体の屈折力が強すぎる

屈折性近視があります。

 

そして近視の人のほとんどが

軸性近視です。

 

近視は網膜の手前でピントが合うので

遠くが見えにくいのです。

 

ただし近くのものは見えるのです。

近視は大体小学生の高学年からおこり

始めます。

 

そして20歳を過ぎたころに進行は落ち着きます。

 

 

 

遠視

角膜と水晶体の屈折力が弱かったり

角膜から網膜の長さ短いために、網膜の

後ろでピントが合ってしまうので、

ものがぼやけて見えます。

 

この状態を遠視といいます。

 

遠視は近くのものの遠くのものも

見えずらいのです。

 

近くを見るときも

遠くを見るときも

目の調節機能を使っているので

非常に目が疲れます。

 

 

スポンサードリンク



 

乱視

 

乱視は縦と横の屈折力が異なるため

どこにもピントが合わず、すべてが

ぼやけて見える状態です。

 

乱視は丸い形であるはずの眼球が

歪んでいるために起こるのです。

 

このゆがみがどの方向なのかがによって

見え方も違ってきます。

 

乱視は程度か軽くて、特に日常生活に

問題がなければ矯正は必要ないですが

乱視が強くなるとどこを見てもぼやけるので

矯正が必要です。

 

 

まとめ

今回は屈折状について調べました。

 

網膜でピントが合わないのが

屈折状ですね。

 

屈折異常には

近視・遠視・乱視があるのでしたね。

矯正にはコンタクトレンズか

メガネが必要になってきますね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。