眼の健康などの視力に関する情報発信

年齢とともに目の異常が起きたら白内障の検査を受けましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

物の見え方がおかしい、

目がかすむ

最近視力の低下が極端に感じる

など目の異常を感じたら白内障の

検査を受けましょう。

スポンサードリンク



 

問診

どのような症状でいつからか?

 

家族に目の病気を患った人は

いないか、

 

目に衝撃を受けたことはないか

 

糖尿病などの病気はないか

 

 

視力検査

092968
視力の低下を検査します。

 

裸眼で検査をして、必要に応じて

レンズによる矯正検査を行います。

 

その人の視力にあったレンズを試して

検査しますが、矯正視力の結果が

よくない場合が白内障やそのほかの

病気かもしれません。

 

ただし加齢による白内障は初期のうちは

ほとんど視力の低下がみられません。

 

細隙灯顕微鏡検査

眼科の基本の検査方法です。

 

細隙灯は細い光を出す機械です

 

それを眼球に当てて顕微鏡で

角膜、結膜、強膜、虹彩、瞳孔

水晶体、硝子体などを細かく診るのもです。

 

通常暗室で行い検査を受ける人は

装置の上に顎を乗せ顔を固定します。

 

反対側から細隙灯を当てて顕微鏡で眼球

を診察します。

 

この検査によって水晶体の濁りを確認します、

濁りがあればどの部分なのか、

どの程度なのかを診ます。

 

結果白内障の種類も特定し診断します。

 

白内障には欠かせない検査方法です。

 

細隙灯顕微鏡検査によって、眼圧や

眼底、網膜、隅角を診たり測定したり

できます。

 

スポンサードリンク



 

眼底検査

瞳孔から眼球の中をのぞいて網膜や

視神経、黄斑部などの眼底を調べます。

白内障がこの眼底検査だけでは診断

できません。

 

視力の低下が白内障以外の病気の可能性も

あります。

 

また白内障がほかの病気と合併している

可能性もあります。

 

なお、白内障の広がりや程度をしらべたり

ほかの病気と鑑別するために有効です。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は白内障の検査について調べました。

白内障の検査は、まず

問診

視力検査

細隙灯顕微鏡検査

眼底検査、でしたね。

 

目に異常を感じたら早めに眼科で

検査を受けましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。