眼の健康などの視力に関する情報発信

おたふくかぜの潜伏期間は?おたふくかぜになったら家で安静です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!今回は「おたふくかぜ時はどうする」です。

 

ほほが腫れて、耳の後ろが大きく

膨らみます。

 

潜伏期間はどれくらいでしょうか?

 

そして学校はいつから行けるのか

解説していきます。

 

それでは見ていきましょう!

 

スポンサードリンク



 

 

おたふくかぜは

耳の下からほほにかけて腫れてお多福の

ようになることから、おたふくかぜといいます。

 

正式には流行性耳下腺炎といいます。

 

37~39度の熱が3日ほどつづき、

耳の下が痛くなります。

 

口を開けたり、食べ物を食べたりすると

痛みは強くなります。

 

はれは片側のこともあり、両方のことも

あります。

 

一度かかれば免疫ができ2度とかかりません。

 

 

おたふくかぜの感染

 

おたふくかぜにかかった人の唾液のなかに

あるムンプウイルスが原因です。

 

感染した人の咳やくしゃみによる空気感染

その人に直接触れた接触感染します。

 

潜伏期間は2~3週間でそのあと10日間で

耳の下が腫れてきます。

 


おたふくかぜは家で安静にする

腫れが引くまでは、ほかの人にうつす可能性が

あるので学校には行けません。

家で安静にして過ごします。

登校するには病院で治ったことを証明して

もらいます。

おたふくかぜの食事

口を開けたり、かんだりすることが痛いので

おかゆやスープ、などの柔らかい消化の良い

ものを食べます。

まとめ

おたふくかぜについてまとめて

いきましたがいかがでしたでしょうか?

まとめると…

・咳やくしゃみから感染

・飲み込めるものを食べる

・家で安静に過ごす

などがおたふくかぜ

という内容でしたね!

今回こうやって記事にした事で

学ぶ事ができました。

毎日を健康に過ごす為にも

正しいおたふくかぜの知識を持つ事は

大切ですね^^

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。