眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障の症状って?進行具合についても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

年を取るにつれ白内障になる人は

増えてきますが、最初のうちは

自分では気が付かないことが多い

のです。

 

今回は白内障の症状とその段階に

ついて調べます。

 

スポンサードリンク



 

主な自覚症状は

視力の低下

細かいものが見えずらくなります。

老眼鏡をかけてもよく見えません。

 

目がかすむ、ぼやける
目の前にもやっとしたベールがかかった

ような感じに見えます。

症状の中で最も多く出ます。

 

まぶしく感じる

明るいところにいるととてもまぶしく

感じます。

水晶体の中で光が乱反射している

からです。

 

暗いとこででも見えずらい

反対に暗いところでも見えずらい

です。

 

物が2重3重に見える

一つのものが2重になったり

3重になったりして見えます。

 

白内障の4段階

初発白内障

白内障の初期段階です。

自覚症状も視力の低下もほとんどないが

検査で水晶体の濁り始めているのが

分かります。

 

未熟白内障

濁りが水晶体の中心まで拡大してくる

ものです。

目がかすんだり、ぼやけたり、見えずらく

なってきたりと白内障の自覚症状が

出ます。

この時期から治療を始める必要が

あります。

 

成熟白内障

濁りが水晶体全体に及び、外から

見ても瞳孔の白さがわかります。

 

過熟白内障
濁りがさらに進行して水晶体自体が

小さくなり薄くなります。

視力はほとんどないです。

このまま放置しておくと、網膜剥離

を起こしたり、水晶体の皮質が溶け

出したりと重大な合併症を起こす

可能性があります。

スポンサードリンク


水晶体の濁りの位置

白内障のタイプによって水晶体の

濁り始める位置が違ってきます。

 

皮質白内障

水晶体の周辺部の皮質部分から

濁り始めます。

加齢白内障に多く、初期のうちは

症状が出にくい。

 

核白内障

水晶体の中心の核の部分から濁り

はじめます。核が褐色に濁るため

物が赤茶っぽく見えることもある。

 

後嚢下白内障

水晶体の後ろにある後嚢に接してる

部分から濁ってくる。

早い段階から物がかすんだり

2重に見えたりの症状が出ます。

 

 

まとめ

今回は白内障の症状や進行具合に

ついてみてきました。

 

白内障の症状は老眼に似ているのですね

そのため歳のせいだと放っておいて

病院に行かない人もいますが

白内障が進行してしまうことが

あります。

 

異常を感じたら眼科を受診しましょう。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。