眼の健康などの視力に関する情報発信

緑内障の治療とは病気の進行を止めるため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑内障で失われた視野は元には

戻すことができません。

 

緑内障の治療の目的は緑内障が

これ以上進行しないように食い止

めることです。

スポンサードリンク



 

原発開放隅角緑内障の治療

原発開放隅角緑内障の場合の治療は

点眼薬が中心です。

 

点眼薬によって眼圧を下げることが

目的です。

 

これは眼圧が高い緑内障だけでなく

正常眼圧緑内障の場合も同じです。

 

点眼薬で眼圧を下げ進行を食い止めます。

 

点眼薬の選び方

緑内障の点眼薬には作用機序によって

2種類あります。

 

一つ目は眼圧をコントロールしている

房水の産生を抑制する作用のある

点眼薬です。

 

交感神経β遮断薬や炭酸脱水酵素

阻害薬などです。

 

もう一つは房水の流れを促進させる

作用のある薬です。

 

副交感神経交換薬、交感神経α遮断薬

プロスタグランジンなどです。

 

いろいろな要素を考慮して、その人に

最もふさわしい点眼薬を選ぶ必要があります。

 

スポンサードリンク


レーザー繊維柱帯形成術

点眼薬の効果がどうしても見られない

場合は手術を行います。

 

これは目詰まりを起こしている繊維柱帯

にレーザーを当てて房水の流れを

スムーズにします。

 

レーザー治療は外科手術よりも負担は

軽いですが長期的に効いている患者は

少ないです。

 

繊維柱帯切除術

この手術は繊維柱帯付近に穴をあけ

バイパスを作り、房水を結膜の下に

流して眼圧を下げる方法です。

 

この手術は長期的に成績がよく

比較的安全な手術です。

 

 

しかし結膜が薄くなるため濾過胞炎

になる可能性もあります。

 

濾過胞炎

繊維柱帯切除術によって結膜の下に

房水が流れ込んで濾過胞という

ふくらみができます。

 

濾過胞炎はここに細菌感染を起こす

ことで発症します。

 

すぐの治療で治るのですが

細菌が濾過胞を通って目の中に

侵入すると眼内炎になり、視力の

低下を招きます。

 

繊維柱帯切除術後目の痛みや

異物感、充血、涙が止まらないなど

異常が出たら早急に診察を受けて

ください。

 

原発閉塞隅角緑内障の治療

開放型の緑内障の治療は薬物治療

ではなく、レーザーによって虹彩に

穴をあけるレーザー虹彩切開術が

行われます。

 

急性発作を起こしている場合には

薬物で眼圧を正常に戻してから

レーザー虹彩切開術を行います。

 

まとめ

原発開放隅角緑内障の治療は

薬物治療が中心

 

原発閉塞隅角緑内障の治療は

レーザー治療が中心ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。