眼の健康などの視力に関する情報発信

緑内障は眼圧、眼底、視野の検査でわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑内障と言えば眼圧の検査ですよね。

しかし眼圧が正常でも緑内障は起こります。

ので、緑内障の検査について調べます。

スポンサードリンク



 

視野検査

視野の範囲や見えない部分がないか?

見えない部分がどの程度なのか?

を調べます。

この検査は緑内障の症状の進行具合

経過観察に欠かせません。

 

眼圧検査

眼圧を測る検査です。

眼圧計の先を目の表面に当てて測定する

ゴールドマン眼圧計と

目に空気を当てて行う非接触眼圧計があります。

ゴールドマン眼圧計の直接目の表面に器具を

当てて測定する方法は、点眼麻酔をして

行います。

空気をあてる非接触眼圧計で行う方法は

点眼麻酔も必要なく手軽ですが、

やや精度が落ちます。

正常眼圧緑内障の場合は眼圧は正常なので

眼圧検査だけでは診断がつきません。

しかし眼圧検査は診断における役割は

減ったものの治療中においては最も

重要な指標であり欠かせない検査です。

スポンサードリンク


眼底検査

瞳孔から眼底を覗いて、視神経乳頭や

網膜の状態を調べます。

視神経乳頭は正常な人でも真ん中が

へこんだドーナツ状をしていますが

緑内障になると中央のへこみの大き

さが大きくなります。

この状態を視神経乳頭陥凹拡大と

いいます。

検査ではこのへこみ具合を診たり

網膜の色調の変化を診たりして

緑内障か判断します。

 

そのほかの検査

視力に影響がないかを調べるため

視力検査を行います。

房水の排水口に異常がないか

隅角検査で診ます。

これらの検査で総合的に判断

します。

まとめ

緑内障の検査について調べました。

緑内障の検査は

視野検査

眼圧検査

眼底検査

視力検査

隅角検査

でしたね

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。