眼の健康などの視力に関する情報発信

緑内障の原因の眼圧の上がる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑内障の原因の眼圧の上がる理由

緑内障は眼球内の圧力である

眼圧が高くなることが原因の

ひとつです。

 

そこで今回は眼圧が上がる理由

について調べます。

 

スポンサードリンク



 

 

眼球の丸い形を保つ

d697099129490bc74ba9bba191f88225_s
私たちの目はしっかりと網膜で

像を結ぶため眼球内の圧力が

一定に保たれています。

 

このため眼球は丸い形です。

 

正常な人の眼圧は10~21㎜Hgです。

 

 

眼圧を調節

眼圧を調節しているのが房水と

呼ばれる水分です。房水は毛様体

でつくられ、水晶体の周りで循環

して虹彩と角膜の間でながれ、

繊維柱体を通ってシュレム管から

排出されます。

 

また、一部はぶどう膜から眼球の外に

排出されます。

 

眼圧が一定に保たれているのは

房水の分泌と排出のバランスが

保たれているからです。

 

 

眼圧が上がる

 

房水の排出が上手くいかないと

眼球内の房水がいっぱいになって

眼圧が上がるのです。

 

房水の排出がうまくいかない

理由として、排水口となる隅角が

狭くなってしまい房水が流れにくく

なってしまう場合と

 

繊維柱体に目詰まりを起こしてしまう

場合が考えられます。

 

このようなことが原因で房水の

排出が悪くなり、房水が眼球内いっぱいに

なって眼圧が上がるのです。

 

 

眼圧は一定ではない

031477
 

眼圧は常に一定ではないのです。

常に変動しています。

 

眼圧の変動には季節の変化

運動や喫煙名の体の変化により

眼圧は変わります。

 

また眼圧は一日でも変化します。

これを眼圧日内変動と言います。

 

一般に眼圧は日中は高く夜は低い

傾向にあります。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

緑内障の原因の一つである眼圧

について調べました。

 

眼圧は房水で調節されている

房水の排出がうまくいかないと

房水がたまって眼圧が上がるの

ですね。

 

眼圧は常に一定ではないので

昼間は正常な眼圧であったが

夜間に非常に高くなる人も

いて検査が必要ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。