眼の健康などの視力に関する情報発信

緑内障とは?その症状と原因について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑内障とは?その症状と原因について

 

緑内障は視神経が障害をうけ

視野が狭くなったり

部分的に見えない箇所ができたり

する病気です。

 

スポンサードリンク



 

中途失明原因

b20f103002e11d113801d21c504890ef_s
 

視神経は網膜に映った映像を

電気信号で脳に伝える役割を

果たしています。

 

この部分が何らかの異常が

起こったりすると視野に影響が

出ます。

 

この視神経は一度障害を受けると

治療をしてももとには戻りません。

 

つまり狭くなったり欠けた視野は

取りもどせないのです。

 

さらに緑内障を放っておくと症状が

徐々に進行して失明してしまいます。

 

緑内障は日本人の中途失明原因の

第一位です。

 

 

加齢による

f9c67f59472bbdc692b4484cc6fc04b5_s
 

緑内障は40歳以上の中高年に多く

見られます。しかも年齢とともに

増えていきます・。

 

40歳以上の人20人に一人は緑内障

だと言われています。

 

緑内障の症状

緑内障は視野が欠けると言っても

相当進行するまで自分では気が付きません

緑内障にかかっている8割もの人は自分が

緑内障だとは気づいていません。

 

そのため異常に気が付かずに放置して

しまい気が付いたときはもう相当進行

している事が多いのです。

 

スポンサードリンク



 

緑内障の眼圧

d697099129490bc74ba9bba191f88225_s
 

緑内障は眼球内の圧力である眼圧が

高くなることが原因の一つです。

 

しかし最近では眼圧が正常なにも

関わらず緑内障になることもあります。

 

正常眼圧緑内障の人が増えてきています。

 

そのため緑内障は眼圧を測るだけでは

緑内障は診断できません。

 

 

緑内障の早期発見

084962
 

緑内障は病気が進むと元には

戻れません。

 

ただし早期に発見すれば進行を

食い止めることができるのです。

 

それで日常生活が支障なく過ごせ

ます。

 

緑内障による失明を防ぐためには

早期発見が重要になります。

 

自覚症状が出てからだと遅いので

40過ぎたら眼科の検診を受けましょう。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

緑内障は視神経が障害を受けることで

発症する病気ですね。

 

日本において中途失明原因の第一位

なのが緑内障ですね。

 

緑内障による失明を防ぐため

眼科検診を受けましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。