眼の健康などの視力に関する情報発信

人間の視野の広さは?サッカーに求められる視野の広さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人間の視野の広さは?

サッカーに求められる視野の広さ

 

スポーツではボールやゴールといった

目標をしっかりと見据えるほかに

常に周りの状況に注意を払い的確に

行動することが大切です。

 

スポンサードリンク



 

 

視野の使い方

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s
 

ポジションが入り乱れるサッカーや

バスケットボールなどでは

視野の使い方が大事になってきます。

 

あらゆる方向から来る相手選手に

ボールを奪われないように、瞬時に

空いているスペースを見つけ

パスを出す。

 

このように敵と味方の位置関係を

把握する視野の使い方が必要です。

 

たとえばポジションでフリーになる

とは敵の視野から外れること、

フリーにさせないために、相手の

動きをしっかりと視野上に捉えて

おくことが求められます。

 

 

視野とは

1aea0423eed34b4dc2de9dc829a6923c_s
 

視野は目に映る範囲のこと

 

 

人間の目は片方で上下130度

左右170度の視野を持っています。

 

通常は両目でものを見るので

横方向の視野は180度まで広がります。

 

ただし視野の周辺は目に映っている

だけでものの色や形までは見分ける

ことはできません。

 

ものが正確に見える範囲はもっと

狭く、視野を中心とした5度以内です。

 

ハトは左右の目がそれぞれ顔の真横に

ついているので、左右の目を合わせた

視野は広く、ほとんど死角はありません・。

 

スポンサードリンク



 

中心視野と周辺視野

視線を中心にものがはっきりと見える

範囲を中心視野

ぼんやりと目に映っている範囲は

周辺視野と呼ばれています。

 

正確にピントが合うのが中心視野

だけで目標に視線を合わせないと

色や形の区別はできないのです。

 

しかし横から飛んできたボールを

とっさによけたり、顔の周りの虫を

追い払ったことはあるでしょう。

 

これはボールや虫が周辺視野で

動いたのを察知できたからです。

 

つまり周辺視野はものの色や形

をはっきり認識するのは苦手

ですが、光やモノの動きを感知する

のは得意ということです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

視野について調べました。

 

人間の視野は両目を合わせて

180度まで見えるのですね。

 

しかし色や形が正確に見えるのは

視野の中心の5度くらいなどですね。

 

サッカーなどのスポーツには

視野を広く使い周りの状況に

注意を払い、的確に行動することが

大事なのですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。