眼の健康などの視力に関する情報発信

視野が欠ける原因は何?治療法を知りたい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

視野が欠ける原因は何?治療法を知りたい!!

突然、視界に人があわれる。

 

車を運転して中央分離帯が

見えにくいことはありませんか?

 

もしかしたら緑内障かも知れません

そこで緑内障について調べます。

 

スポンサードリンク



 

 

緑内障の視野欠損

網膜の中で視覚情報をとらえられない

部分を盲点と言います。

 

しかし脳には補正能力があるため

盲点の部分に何も映っていなくても

周囲の情報から判断して視野を補正して

しまうのです。

 

そのため私たちは盲点部分になにも

見えなくても気がづきません。

 

脳は緑内障で起こる視野欠損も

補正してしまうので、緑内障に

気付きにくいのです。

 

緑内障の検査

緑内障の検査は

眼圧測定で神経にかかる圧力を

測定する。

 

視野検査は視野が欠けている場所を

調査する。

 

眼底検査で視神経のダメージを調べる。

 

OCTによって網膜と視神経の

ダメージを調べる。

 

中でも眼圧測定は緑内障の診断

治療を進めるうえで欠かせない検査です。

 

眼圧が正常値を超えている場合

緑内障の疑いがあります。

 

ただし日本人では眼圧が正常値の

緑内障が半数以上であります。

 

緑内障の薬物療法

眼圧は眼球内を満たしている房水

という液体の分泌と排出のバランス

によって一定に保たれています。

 

原発緑内障はこの房水のバランスが

崩れて眼圧が上がるのです。

 

治療は房水の流れをよくする

プロスタグランジン関連薬

房水の分泌量を減らすβ遮断薬

などがあります。

 

緑内障のレーザー治療

比較的早期の原発閉塞隅角緑内障

や急性の緑内障発作には

レーザー虹彩切開術を行います。

 

虹彩にレーザーで小さな穴をあけ

房水の流れをスムーズにして眼圧を

下げます。

 

スポンサードリンク



 

緑内障の手術

もっともよく行われる手術は

繊維柱帯を切除して、あたらしい

排出路を作る

繊維柱帯切除術です。

 

最近の手術ではチューブを入れて

房水を逃がす

チューブシャント手術も行われます。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

緑内障の特徴的な症状の視野欠損は

10年くらいのゆっくりとしたペースで

進んでいくので、症状に慣れてしまい

手遅れになるケースが多いのです。

緑内障の検査で特に日本人は

眼圧が正常でも緑内障になる人が

半分以上ですよね。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。