眼の健康などの視力に関する情報発信

視力矯正と動体視力の低下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

視力矯正と動体視力の低下

スポーツでは常に目標を正確に

見る必要があります。

 

当然、屈折異常のある人は

メガネやコンタクトレンズで

視力を矯正する必要があります。

 

今回は矯正視力と動体視力の低下

について調べます。

 

スポンサードリンク



 

動体視力の低下

激しい動きになるほど、目や脳に行く

循環血液量が減少するので視力は

下がります。

 

動いているものを見るときも、

視力は低下します。

 

たとえば静止視力が1.0の人が

時速30キロで近づいてくる目標を

見るときの視力は0.6~0.7に落ちて

しまいます。

 

速度が上がるほど動体視力は下がり

時速100キロのものを見る場合は

静止視力の半分以下になってしまい

ます。

視力の矯正

車の運転免許取得にはメガネや

コンタクトレンズで視力矯正

した状態で0.7以上あることが

条件になっています。

 

安全運転には視力は必要になって

います。

 

ラリーの選手はレース中つねに

最良の視力を保つため、いつも

10種類のメガネをもっています。

スポンサードリンク



視力の条件

ボクシングの視力の基準は両目とも

裸眼で0.5以上となっている。

競艇選手も裸眼で0.8以上が条件で

メガネやコンタクトレンズでの

矯正は認められない。

その他のスポーツ競技には視力の

条件はないですが、視力が低いと

技術の低下を招くだけでなく

けがの原因になり、危険です。

スポーツパフォーマンスが0.7を

境に低下していることが分かりました。

つまり安全にスポーツを行うには

理想の視力は両目で1.2~1.5、

最低でも0.7以上が必要です。

まとめ

視力に不安がある人はメガネや

コンタクトレンズで理力を矯正

しましょう。

またレーシック手術での矯正も

普及しています。

視力があるだけでもっと安全に

スポーツを楽しめますね。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。