眼の健康などの視力に関する情報発信

目の痙攣がなかなか治りません。治療方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目のピクピクがなかなか治りません。

治療方法は?

 

目のピクピクの状態を眼瞼痙攣と

いいます。

 

目の周りの筋肉が自分の意志とは

関係なく痙攣してしまう病気です。

 

スポンサードリンク



 

眼瞼痙攣とは

目の周りには眼輪筋と言って、

まぶたを開けたり閉じたりと

まばたきをするときに使う筋肉

があります。

 

眼瞼痙攣とはこの筋肉が自分の

意志とは関係なく動いてしまう

病気です。

 

中高年の女性によく起こります。

 

はっきりとした原因は今のところ

不明です。

 

これらの多くはドライアイを併発し

ています。

 

 

眼瞼痙攣の症状

症状としてはじめは下まぶたが

ピクピクすることから始まります。

 

次第に上まぶたに移っていきます。

 

その後刺激感や不快感とともに、

まばたきが多くなってきて、精神的

な疲労などにより悪化します。

 

さらにひどくなるとまぶたを強く

閉じてしまい、日常生活に支障を

きたします。

 

これらの症状は比較的ゆっくりとした

早さで進行しますが、

そのまま放置しても自然には治りません。

 

 

 

眼瞼痙攣の治療方法

cae110d582dc0672b406a06a5cb2cdea_s
心身の安静、サングラスの装用

人口涙液の点眼によって症状は

軽くなります。

 

しかし根本的には改善しません。

 

対症療法として筋弛緩剤や抗不安剤

を内服したり、顔面神経ブロック

をおこなったり、まぶたの筋肉や

神経を部分敵に切除したり、

脳外科の手術を行いますが

効果は不安で副作用もあるので

今では行われていません。

 

現在は痙攣しているまぶたの筋肉

に痙攣を抑える作用があるボツリ

ヌス菌を注射します。

 

ボツリヌス菌は食中毒の原因として

知られていますが、この菌から発生

する毒素は、神経を麻痺させること

により持続的に筋肉を弛緩させる

作用があり,様々な中毒症状を

引き起こします。

 

しかしこの毒素を少量だけ痙攣して

いる筋肉に直接注射すると、その

筋肉は緩み痙攣が治まるのです。

 

治療は痙攣を起こしている眼輪筋に

少量注射します。

 

効果は2~3日で現れ、3~4か月持続

します。

 

効果が弱くなって来たら再び投与

します。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

 

眼瞼痙攣は自分の意志とは関係なく

目の筋肉が動いてしまう病気です。

治療は食中毒の原因菌である

ボツリヌス菌を痙攣している

筋肉に注射します。

スポンサードリンク



それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。