眼の健康などの視力に関する情報発信

ビタミンEが活性酸素を抑える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ビタミンEが活性酸素を抑える

 

ビタミンEは医薬品、栄養補給

食品添加物の酸化防止剤として

利用されています。

 

今回はビタミンEについて調べ

ます。

 

スポンサードリンク



 

 

ビタミンEの含む食品

SnapCrab_NoName_2016-3-29_22-40-13_No-00
 

ビタミンEが含まれる食品に、

ヒマワリ油、コーン油、

オリーブ油、キャノーラ油

大豆油などの油脂類、

アーモンド、落花生、大豆などの

種実類

キャビア、イクラ、たらこなどの

魚卵類などがあります。

 

 

ビタミンEの型

ビタミンEには8つの異なる型が

あります。

 

人ではαートコフェロールが

最も強い活性を持っています。

 

主に抗酸化物質として働きます。

 

αートコフェロールの一日当たりの

目安量は成人男性で7mgで

成人女性では6.5mg

 

耐用上限量は成人男性800mg

成人女性で650㎎です。

 

スポンサードリンク



 

 

ビタミンEの抗酸化作用

 

ビタミンEの抗酸化物質としての

役割は、代謝によって生じる

活性酸素から細胞を守ることです。

 

ビタミンEは活性酸素を消失させる

事により自らが活性化して

活性酸素による脂質の連鎖的酸化

を阻止します。

 

活性化したビタミンEはビタミンCなど

の抗酸化物質により元のビタミンEに

戻ります。

 

放射線の照射により赤血球の溶血反応

が発生します。

 

これは放射線による活性酸素の生成により

脂質過酸化反応で膜が破壊されるためです。

 

ビタミンEの投与により放射線による

赤血球の溶血や細胞小器官である

ミトコンドリア、ミクロゾーム

リボゾームの脂質過酸化反応が

抑制されます。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

ビタミンEは脂溶性ビタミンで

1922年に発見されました。

 

トコフェロールとも呼ばれ

自然界に広く存在しています。

 

植物、藻類などの光合成生物により

合成されます。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。