眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障の手術に入院は必要ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白内障の手術に入院は必要ですか?

 

白内障の手術は最近かなり進歩

しました。

 

手術時間はどのくらい

なのでしょうか、入院はするので

しょうか?

 

今回は白内障の手術について

調べます。

 

スポンサードリンク



 

 

白内障の手術時間

白内障の手術は超音波乳化吸引術と

いい、現在の一般的な手術時間は

15分前後と短時間で終わります。

 

痛みもほとんどありません。

 

3㎜の小さな切れ目から手術を

おこなうので、大きな切れ目を

入れる手術に比べ合併症も少なく

手術後の視力回復も早くなりました。

 

また施設によりますが、入院しないで

日帰りで手術を受けることが

できます。

 

しかし、白内障が非常に進行している

方や、以前目をけがしたことがあり

目に損傷のある人など、場合によって

以前から行われていた大きな切れ目

を入れる手術を行わなくては

ならない場合があります。

 

この手術の場合は原則として

入院が必要です。

 

 

白内障の手術方法

手術の方法は角膜と強膜の境目に

約3㎜の切れ目をいれ、水晶体

全体を取り囲んでいる透明な膜の

前を丸く切り取り窓を作り

この窓から超音波発振器を使い

水晶体の中身を超音波で砕き

すい出します。

 

スポンサードリンク



 

濁った水晶体の中身が無くなった

事で明るくなります。

 

水晶体を空にしてその中に人口の

レンズを入れます。

 

3㎜の穴を通すためにレンズは

折りたたんで挿入します。

 

その他に嚢内・嚢外摘出手術という

ものがあり、水晶体をくだがずに

そのまま取り出す手術です。

 

したがって水晶体と同じくらいの

大きさの切れ目が必要で、

手術時間も長くかかり、

手術後に乱視を生じたり

視力回復に時間がかかります。

 

超音波乳化吸引術が出来ないような

場合にこの方法を用います。

 

 

 

白内障の再発

通常は再発の可能性はありません。

 

ただし水晶体嚢が残っている場合

それが濁ることがあり、手術後

半年から一年以内に起こってくる

事が多いです。

 

後発白内障といい、症状はかすみ

まぶしさ、視力低下などです。

 

レーザーで濁っている嚢を

飛ばせば元通り視力は回復します。

 

 

 

まとめ

今回は白内障の手術について

調べました。

 

ほどんどの白内障の手術は15分

くらいでおわり入院は必要ないの

ですね。

 

視力の回復も早く身近な手術に

なりましたね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。