眼の健康などの視力に関する情報発信

コーヒーの健康効果、何杯飲むといい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コーヒーの健康効果、何杯飲むといい?

コーヒーは世界で最も多くの国で

飲用されている嗜好食品です。

 

アカネ科の常緑樹であるコーヒーの

木から収穫した実の内部の種子を

原料として製造されます。

 

スポンサードリンク



 

コーヒーの効果

コーヒーに含まれるカフェインには

利尿効果、覚醒作用があります。

 

コーヒーを飲むとトイレが近くなったり

夜眠れなくなることです。

 

さらにコーヒーにはクロロゲン酸及び

カフェ酸、キナ酸、フェルラ酸などの

ポリフェノールが含まれています。

 

日本人が1日に摂取するポリフェノールの

総量は約半分はコーヒーから摂取されて

います。

 

このポリフェノールは抗酸化作用があり

悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

 

その結果コーヒーによる動脈硬化の

予防作用にも注目されています。

 

生活習慣病の予防

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s
 

 

1日に7杯以上コーヒーを飲む人は、

2杯以下の人に比べ糖尿病の発症率が

5割少ないと言われています。

 

コーヒーには生活習慣病予防に効果が

あるとされています。

 

 

紫外線によるシミの予防

コーヒーを多く飲む女性のほうが

シミの発生が少ないと言われ、

紫外線によるシミの予防にも期待されます。

 

 

心臓病の予防

コーヒーを1日3~4杯飲む人は、

狭心症や心筋梗塞などの心臓病で

死ぬ危険性が「ほとんど飲まない」

人に比べて36%低かった。

 

脳内出血や脳梗塞などの脳血管病は

43%、肺炎などの呼吸器病は40%

低かったという調査結果があります。

 

 

スポンサードリンク


まとめ

コーヒーは主に赤道を挟んだ

南北緯25度のコーヒーベルトと

呼ばれている地域で栽培されています。

 

国民一人当たりのコーヒー摂取量が

最も多いのはフィンランドです。

 

コーヒーにはサントス、コロンビア

ブルーマウンテン、キリマンジャロ

など様々な銘柄があり香りや風味の

違いが楽しめます。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。