眼の健康などの視力に関する情報発信

黒目の周りが赤くなってます、これは病気ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黒目の周りが赤くなってます、これは病気ですか?

茶目の虹彩と毛様体、脈絡膜を

まとめてぶどう膜と言います。

この部分が炎症を起こすと

黒目が赤くなり、かすみや

痛みもあり熱っぽいです。

今回はぶどう膜炎について

調べます。

ぶどう膜とは

茶目の虹彩と言われている部分と

茶目の後ろの毛様体、

目の後ろのほうの眼底にある

脈絡といわれる膜の部分をまとめて

ぶどう膜と言います。

これらの部分は血管や色素を含んだ

細胞が多いため、全身の影響を

受けやすいので、炎症が起きやすい

のです。

虹彩はカメラの絞りのように縮んだり

広がったり目に入る光の量を調節して

います。

毛様体は目のピントを合わせるための

調節や目の中の水を作る働きがあります。

脈絡膜は栄養補給や目の中の熱の拡散や

光の吸収を行います。

ぶどう膜炎の症状

ぶどう膜炎の症状としてまぶしさ

目の痛み、涙が出たり、かすんで見え

たり、白目が充血します。

また飛蚊症を起こすこともあります。

膿が黒目の後ろに沈殿したり

炎症がとても強いときは出血する

事もあります。

急に眼圧が上がり緑内障をおこし

目が痛くなったりします。

視神経や網膜も炎症をおこし

網膜剥離になることもあります。

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎は細菌、ウィルスなどの

感染によるものや免疫異常など

感染によらないものなどいろいろな

原因があります。

まずは原因の特定が必要です。

しかし原因が不明なものもあるので

治療が困難になります。

ぶどう膜炎の治療

ぶどう膜炎はその原因によって

治療法が異なります。

一般的な治療は点眼薬に行い

ます。

ぶどう膜炎は全身の病気を伴う

事が多いので目以外の症状にも

注意が必要です。

またぶどう膜炎により起こる

目のほかの病気として

レンズが白く濁る白内障

目の圧が上がり緑内障になったり

目の圧が下がり眼球が縮小して

眼球ろうと呼ばれる状態になる

ともあります。

まとめ

今回はぶどう膜炎について

調べました。

ぶどう膜炎は細菌、ウィルスなどの

感染によるものや免疫異常など

感染によらないものなどいろいろな

原因があるのですね。

ぶどう膜炎の症状としてまぶしさ

目の痛み、涙が出たり、かすんで見え

たり、白目が充血します。

スポンサードリンク



それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。