眼の健康などの視力に関する情報発信

グルコサミンとコンドロイチンは共に関節痛を予防する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

グルコサミンとコンドロイチンは

共に関節痛を予防する。

 

グルコサミンとコンドロイチン

ひざ痛に効果があるとよく聞き

ますが同じものなのでしょうか?

 

グルコサミンとコンドロイチン

について調べます。

 

スポンサードリンク



 

グルコサミンは糖類とアミノ酸が

合体してできたムコ多糖類で

コンドロイチンはアミノ酸で

できています。

 

人体のグルコサミン

 

アミノ酸がアセチル化された

N-アセチルグルコサミンの形で

糖たんぱく質、ヒアルロン酸など

グリコサミノグリカンの成分と

なっています。

 

さらに複雑構造を持つ糖鎖の

主要構成糖であるヒアルロン酸に

なります。

 

ヒアルロン酸は保湿物質として

あるいは軟骨のようなクッション

の働きのある組織の成分として

重要なのです。

 

さらに免疫力の強化や抗がん作用

なども期待できそうです。

 

また炎症を抑える働きがあり

ひざの関節炎では医療用に使われ

ます。

 

それほど効果があるのです。

 

人体にあるグルコサミンは年齢

とともに減少していきます。

 

中年以降では赤ちゃんの時に

比べて2割程度しか残っていない

のです。

 

 

 

関節の痛みはグルコサミンが減少

したことで起こります。

 

関節の動きを滑らかにするため

老化によって減少したグルコサミン

は、食事やサプリメントで補い

ます。

 

グルコサミンの効果

 

グルコサミンは短期間では

効果は現れにくいのですが

長期間継続して摂取することが

必要です。

 

これで関節細胞の代謝を促し

細胞の再生が期待できると考え

られています。

 

しかしグルコサミンの摂取は

糖尿病や高脂血症などの病気の

人には注意が必要なのです。

 

スポンサードリンク



 

コンドロイチンの働き

コンドロイチンは粘膜の水分を

保持し、軟骨を分解する酵素を

抑制する働きもありますが、

ヒトの体に摂取できる量が

非常に少ないのです。

 

年齢とともに減少したコンドロ

イチンはサプリメントなどより

摂取します。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

グルコサミンとコンドロイチン

について調べました。

 

グルコサミンは、甲殻類のエビや

カニなどに多く含まれます。

 

コンドロイチンはサメの軟骨や

皮膚、目などの粘膜にも含まれ

ます。

 

グルコサミンとコンドロイチンは

年齢とともに減少していきます。

 

サプリメントなどで補いましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。