眼の健康などの視力に関する情報発信

赤ワインの赤色の効能!健康にいい飲み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤ワインの赤色の効能!

健康にいい飲み方

 

ワインは果実酒に分類されます。

 

赤、白、ロゼという種類があります。

赤ワインは黒、赤、紫のブドウを原料

としています。

 

その中で今回は赤ワインの効能に

ついて調べます。

 

スポンサードリンク



 

 

赤ワインの飲用

ワインは約8000年前から飲用されて

います。

 

医聖ヒポクラテスは赤ワインの薬効

について

「ワインが飲み物としては最も価値が

あり、薬としては最もおいしいもの」

と言っています。

 

 

1990年代初めにフランス人は動物性脂肪

の摂取が多いのに、冠動脈疾患での

死亡率が低いという、いわゆる

フレンチパラドックス、

はワインの関係が深いとして注目

されました。

 

赤ワインのポリフェノールが

悪玉コレステロール

の酸化を抑制することで動脈硬化の

の予防に繋がります。

スポンサードリンク



 

赤ワインの効能

816c3ee8ef2a7f5853984d9822b80619_s
 

赤ワインの効能はポリフェノール

によるもので、色が濃く、よく熟成

させたものほどポリフェノールを

豊富に含んでいます。

 

ぶどうは日光の照射の時間が長い

ほど色が濃く、ポリフェノール含有が

多くなります。

 

また赤ワインが熟成するにつれ

ポリフェノール同士が結合した

重合ポリフェノールが生成して

抗酸化作用はさらに高まることが

わかっています。

 

赤ワインのポリフェノール

赤ワインに含まれるポリフェノール

として、色素成分である

アントシアニン

 

苦味渋み成分である

タンニンやカテキン

 

長寿遺伝子活性化の

抗老化作用が注目されている

レスベラトロースなどがあります。

 

ポリフェノールは種子や果皮に多く

含まれていることから、ワインの中でも

赤ワインに豊富に含まれています。

 

白ワインだと種子と果皮を取り除いて

発酵させているので、ポリフェノール

は赤ワインの10分の1しか含まれていま

せん。

 

赤ワイの健康にいい飲み方

139352
 

 

赤ワインには豊富なポリフェノールが

含まれているので

 

赤ワインの抗酸化物を有益に活用

するためには、1日に飲むワインの

適量として食事をとりながら、

赤ワインをグラス2杯程度です。

 

飲みすぎには注意しましょう。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

今回は赤ワインの効能に

ついて調べました。

 

赤ワインは果皮や種子も入れたまま

発酵させるので豊富なポリフェノール

が含まれているのですね。

 

また赤ワインは食後の高脂血症を

抑え、血管内皮細胞からの一酸化

窒素産生増加による血管拡張作用

があるのです。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。