眼の健康などの視力に関する情報発信

突然片目が見えなくなりました。痛くはないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

突然片目が見えなくなりました。痛くはないです。

網膜に栄養を送る血管が詰まる

網膜中心動脈閉塞症が考えられ

ます。

今回は網膜中心動脈閉塞症について

調べます。

 

スポンサードリンク


網膜

 

角膜、水晶体、硝子体と通ってきた光が像を結ぶ透明な

膜です。

網膜は光(視覚刺激)を感じ取り、それを視覚情報に変換

するという重要な役割をもっています。

視覚情報が視神経から脳へと伝えられて初めて、私たちは

物が見えるのです。

 

血栓

高血圧や動脈硬化によって網膜血管壁

が障害を受けると、血栓ができます。

血栓はひびが入ったところを補修する

補修材のようなもので、水漏れを

防ぐ役割があります。

 

この血栓が盛り上がってくると

血管が詰まってしまうことがあります。

 

網膜の動脈

網膜の動脈が血栓で詰まるとどうなるか

動脈の閉塞は一過性なら問題はない

のですが、途絶えたままだと

網膜細胞は酸欠になり、やがて

死んでしまいます。

 

網膜中心動脈閉塞症が発症して

6時間以上たつと回復は望めない

でしょう。

 

早めの治療を受けましょう。

閉塞部位によって違いはありますが

かなり根元まで詰まることになると

見えなくなってしまいます。

 

また動脈の枝が詰まれば、

その血管が栄養を送っていた

部分の網膜だけが死んでしまいます。

そのせいでその部分の視野がかけて

みえます。

 

血栓によるほかの症状

 

最も注意が必要なのは

首を通っている内頚動脈という

血管に血栓がすでにできていて

ここから目動脈に飛んで詰まることが

あります。

 

目だけなら失明の可能性

頭の中の血管に詰まれば

脳卒中となります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。