眼の健康などの視力に関する情報発信

カロテノイドはトマトの色素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

とは、ニンジンやカボチャ、

トマトなどの鮮やかな色のもとに

なっている色素の総称です。

自然界には650種類以上の

カロテノイドが存在します。

しかしその多くの機能はまだ

解明されていません。

 

スポンサードリンク



 

植物のカロテノイド

 

植物によって合成された

カロテノイドは、光合成のための

太陽エネルギーの獲得や活性酸素

の除去などに利用されます。

 

植物のカロテノイドは、動物に

食べられると皮膚や筋肉、脂肪組織

などに蓄積します。

 

 

カロテノイドの構造

 

カロテノイドを構造の特徴で分けると

炭素と水素のみでできているカロテン類と

酸素などそれ以外を含むキサントフィル類

に大別されます。

カロテノイドの生理機能

カロテノイドはプロビタミンAとしての

働きがあります。

 

βーカロテンをはじめとするカロテン類と

キサントフィル類のクリプトキサンチンは

プロビタミンA活性を持っていて、体内で

ビタミンAに変換され、目や皮膚の機能、

免疫力の維持に役立ちます。

 

トマトに含まれるリコペンや、

ほうれん草に含まれるルテインや

ゼアキサンチン

鮭に含まれるアスタキサンチンなども

カロテノイドノ仲間ですがプロビタミン

A活性はありません。

 

 

カロテノイドの抗酸化作用

 

カロテノイドのそのほかの生理作用

として抗酸化作用があり

特に一重項酸素消去活性が非常に

高く、免疫賦活、発がん予防なども

あります。

 

カロテノイドの摂取量、もしくは

緑黄色野菜の摂取量が多い人ほど

がんの相対危険度が低くなります。

 

高い抗酸化機能を持つことから

動脈硬化の予防になります。

 

 

ルテイン

ルテインは網膜の主な色素で

加齢性黄斑変性や白内障などの

目疾患の予防や改善に期待されて

います。

ファンケルのえんきんは

ブルーベリーエキスだけでなく、

黒大種皮エキズ、DHA、ルテイン、

アスタキサンチンなどが配合されています。

 

強い抗酸化作用があり疲れ目にいいという

ブルーベリーエキスをはじめ様々な成分が

配合されています。

 

ルテイン10mgはサプリの中でも最高峰の

含有量です。
目の機能性表示食品「えんきん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。