眼の健康などの視力に関する情報発信

カルシウムとリンが骨を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カルシウムとリンが骨を作る

カルシウムはミネラルの中で

最も多く体内に含まれています。

 

そのうち99%は歯と骨で

残りの1%は血液や細胞外液などで

血液凝固や心機能、筋肉の収縮など

に関係して体内で重要な役割があります。

スポンサードリンク



 

カルシウムの吸収

148711
食品から摂取したカルシウムの吸収率は

乳児期・思春期・妊娠後期で特に

高くなります。

 

カルシウムの吸収率は摂取量や食品に

含まれる成分によって影響を受けます。

 

カルシウムの摂取量が多ければ

吸収量は減り、

尿中排泄量は増加します。

 

逆にカルシウムの摂取量がすくなければ

吸収率は増え

尿中排泄量は低下します。

 

つまりカルシウムは一食で集中的に

摂取するよりも何食かにわけて

摂取したほうがカルシウムは効率よく

摂取できます。

 

 

カルシウム不足

 

長期にわたってカルシウムが不足すると

小児クル病、骨量減少症、骨粗鬆症など

引き起こします。

 

高血圧、動脈硬化、認知障害、免疫異常

糖尿病、肥満、軟骨の変形性関節症など

多くの疾患の原因になります。

 

極度の不足により筋肉の痙攣も起こり

ます。

スポンサードリンク



 

カルシウムの過剰摂取

 

普通に食事からカルシウムを大量に

摂取しても健康障害が発生することは

ほとんどありません。

しかしサプリメントなどの利用による

過剰摂取で、泌尿器系結石、ミルクアル

カリ症候群、ほかのミネラルの吸収抑制

などが起こりことがあります。

 

 

リン

 

リンは成人の体内に体重の約1%含まれ

て、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウム

の形で歯や骨を形成しています。

血液中でリン酸塩として血液の酸や

アルカリを中和する作用や糖質代謝を

円滑にする作用があります。

 

 

リンを含む食品

 

リンを含有する主な食品は

植物性食品では玄米、小麦、大豆

アーモンド、落花生、ノリ、コーヒー

動物性食品ではイカ、シラス、牛乳

チーズ、牛肉、卵黄などです。

 

 

リンの過剰摂取

リンが通常の食生活で欠乏することは

ありません。

しかし近年加工食品やインスタント食品に

含まれていて、リンの過剰摂取が問題に

なっています。

 

リンの過剰摂取でカルシウムの吸収が

悪くなるので腎臓に負担がかかり、

副甲状腺肥大、腹痛、下痢、嘔吐

骨がもろくなる、などの症状が現れます。

カルシウムとリンの摂取比は1~2が

理想です。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

日本人はカルシウムの摂取量は

目標を満たしていないので積極的に

カルシウム不足摂取しましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。