眼の健康などの視力に関する情報発信

糖尿病性網膜症の自覚症状は?レーザーで治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

糖尿病性網膜症

糖尿病が原因で網膜にトラブルが

生じる病気です。

 

日本人の成人の中途失明原因の

第2位です。

今回は糖尿病性網膜症について

調べます。

 

スポンサードリンク



 

 

自覚症状

 

糖尿病性網膜症は糖尿病になって

数年から10年以上経過してから

発症すると言われ、初期の段階では

自覚症状はなく、視覚に異変を感じた

時にはかなり症状が進行しているの

です。

 

若い人ほど、進行が早いので注意が

必要です。

 

しかし血糖値をコントロールする

ことで網膜症の進行を抑え、

視力を守ることはできるのです。

 

糖尿病と診断されたら、目の症状が

なかったとしても、眼科も受診し

定期的に検査を受けたほうが良い

です。

 

単純網膜症

368933
糖尿病網膜症の初期段階です。

網膜の血管の一部が盛り上がって

こぶのように腫れる血管瘤や

血管の壁から血液がしみ出して

網膜にシミが出来たり、小さな出血

が起こります。

 

しかし自覚症状はまったくないのです。

眼底検査によって、網膜のトラブルが

見つかるのです。

 

治療は血糖のコントロールです。

 

 

スポンサードリンク



 

 

前増殖網膜症

331017
網膜症がやや進行した段階です。

網膜の血管が詰まり網膜の一部に

血液が流れていない部分が生じ

ます。

 

網膜のむくみ、腫れなどが起きてきます。

そのまま放置すれば増殖網膜症に

進行していきます。

 

目がかすむといった異変に気が

つく場合もあるが、ほとんどの場合

自覚症状はありません。

 

治療は血糖のコントロールは

もちろんのこと、血液がながれて

いない網膜部分にレーザーをあて

るレーザー光凝固手術をおこない

ます。

 

それによって新しい血管が

伸びてくるのを防ぐことが

できます。

 

増殖網膜症

901ddc97a4e6b2d697d9b0273cbee932_s
 

かなり進行した段階です

血液が流れていない部分にも

酸素や栄養を送ろうとして

網膜に新しい血管が出来始め

ます。

 

この新生血管は非常にもろく

出血しやすいです。

 

血管が破れて網膜の表面や硝子体

に出血が広がると、視力は低下します。

 

また飛蚊症や網膜剥離などがおこり

失明につながります。

 

治療はレーザーで新しい血管を凝固

させたり、網膜全体に光凝固を

おこなったりします。

 

硝子体出血や網膜剥離が起きている

場合は硝子体手術を行い、出血部分を

取り除いたり、網膜剥離を改善させたり

します。

 

増殖網膜症まで進行すると

手術をしても完全な視力の回復は

無理かもしれません。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

今回は糖尿病性網膜症について

調べました。

 

ほとんどの段階で自覚症状が

ないので注意が必要です。

 

糖尿病になったら眼科の受診も

わすれずにしたいものです。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。