眼の健康などの視力に関する情報発信

飛蚊症は網膜剥離の危険信号?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

網膜はものを見たり

光を感じたりする器官です

網膜剥離になると視野に影響が

出ます。

そこで今回は網膜剥離と

飛蚊症の関係について調べます。

スポンサードリンク


飛蚊症とは

 

蚊が目の前を飛ぶように

浮遊物が見える症状です。

 

目の前を飛ぶ浮遊物の形は

虫状だけでなく、糸くず

ゴマ、煙状などがあります。

飛蚊症には

生理的なもの

病的なものがあります。

 

生理的なものなら健康な目にも

起こるものなので心配はいりません

病的なものとして

網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血

などの初期症状の可能性もあり、

注意が必要です。

 

眼科を受診し検査を受けましょう。

 

 

飛蚊症の浮遊物の正体

339728
 

眼球の中はゼリー状の透明な液体

です。これが硝子体です。

 

光は角膜、水晶体、硝子体を

通過して網膜で画像を結びます。

 

このとき硝子体の中に濁りがあると

網膜に影が映り、小さな虫が飛んで

いるように見えるのです。

スポンサードリンク



 

網膜剥離とは

 

網膜が眼球の内側の壁から剥がれて

くる状態です。

 

網膜色素上皮細胞と神経網膜の

接着は弱く、何らかの原因で

神経網膜が網膜色素上皮細胞から

剥がれるとその間に眼球内の水が

入り神経網膜が内側の壁から

剥がれてきます。これが

網膜剥離です。

 

網膜剥離のほとんどが網膜に

裂け目や孔ができる裂孔原性網膜剥離です。

 

 

近視による網膜剥離

094252
 

中等度以上の近視の人は

正視の人に比べて網膜剥離になりやすいです。

 

近視は目の奥行が長く眼球の壁が

長く伸びているため、網膜は眼球は

伸びる方向に引っ張られます。

 

そのため網膜ははがれやすく

その際に網膜は引っ張られ網膜に

孔や裂け目ができやすく網膜剥離

を引き起こします。

 

 

老化と網膜剥離

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s
 

若いころは網膜はゼリー状の硝子体に

よって眼球の内側から押されています

ところが老化とともに硝子体は

ゼリー状から液状になり、硝子体は

次第に収縮してきます。

 

老化によって収縮した硝子体が

網膜から剥がれる際に網膜は

引っ張られ網膜に

孔や裂け目ができやすく網膜剥離

を引き起こします。

 

飛蚊症と網膜剥離

 

網膜はものを見たり、光を感じる

器官なので網膜剥離になると

視野に影響が出ます。

 

特に網膜の中心の黄斑部がはがれると

極端に視力が低下します。

 

さらに広い範囲で網膜が剥がれてしまったり

放置していると失明の危険性もあります。

飛蚊症が網膜剥離のサインになっている

場合もあります。

 

目の異常に気が付いたらすぐに眼科で

検査を受けましょう。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

目の前に目の動きに合わせて

虫やごみのようなものがちらつく

など飛蚊症の症状は網膜剥離の

サインとなっている可能性も

あります。

すぐに眼科で検査を受けましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。