眼の健康などの視力に関する情報発信

眼瞼痙攣の治し方を知りたい、原因はなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眼瞼痙攣の治し方を知りたい、

原因はなに?

 

目の周りにはまぶたの開閉に

関わる顔面神経系の筋肉があります。

 

これを眼輪筋と言い、眼瞼痙攣は両面の

眼輪筋に自分の意志とは関係なく力が

入る病気です。

 

今回は眼瞼痙攣について調べます。

スポンサードリンク



 

眼瞼痙攣の症状

 

眼瞼痙攣の初期症状として

まぶしく感じる

目がぱちぱちする

などで明るい場所や精神的なもので

悪化します。

 

ひどくなると眼瞼を閉じて目が開けられ

ないようになってしまいます。

 

症状はゆっくりと進んでいきます。

 

そのまま放置して自然に治る病気では

ないのです。さらに異常なまばたきに

よる涙液層が破壊されドライアイになります。

 

片側顔面痙攣の症状

 

片側顔面痙攣は片側の目の周りの軽い

ピクピクした痙攣から始まり次第に

同じ側の額、頬、口、顎などへ痙攣が

広がっていきます。

 

やがて持続的な痙攣が起こるようになり

顔が突っ張ったり。痙攣側の筋肉が

麻痺してきます。

 

片側顔面痙攣は慢性的に続きます。

 

スポンサードリンク



 

眼瞼ミオキニアの症状

 

一時的に眼瞼のみがピクピクと

痙攣するようであれば眼瞼ミオキニア

といい、疲れ目がひどいときに起こります。

 

眼瞼痙攣の原因

 

眼瞼痙攣の原因はくわしくはわかって

いませんが脳の一部の大脳基低核の

異常も考えられます。

 

眼瞼痙攣の治療

084962
ボツリヌス毒素による治療があります。

 

この治療法は痙攣しているまぶたの

筋肉にボツリヌス毒素を注射する方法で

ボトックス治療と呼びます。

 

ボツリヌス菌は食中毒の原因として

知られていますが食中毒の場合

ボツリヌス菌が食物と一緒に

体内に入り毒素が放出され、

その毒素が腸から吸収されると

全身の筋肉が麻痺するという症状が

おきます。

 

しかし低濃度のボツリヌス菌を

痙攣している筋肉に直接注射すると

その筋肉がゆるんで痙攣が収まります。

 

効果は3~4か月しかありません。

再び症状が現れた場合は再投与が

必要です。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

ボトックス治療は特定の認定を

受けた医師しか行うことが

できません。

 

治療を受けるにあたって、

投与不可の全身の疾患がないかどうか

薬に対するアレルギーやそのほかの

過敏症がないことが条件です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。