眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障のセルフチェックと予防について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白内障のセルフチェックと予防について

白内障の原因のほとんどは

老化によるものです。

 

今回は白内障のチェックと

予防について調べます。

スポンサードリンク



 

白内障とは

 

目の水晶体が様々な理由で

濁ってきたものです。

 

水晶体が濁ると目の中に

入ってくる光が乱反射して

まぶしさや視力の低下が起こります。

 

白内障の原因の水晶体の濁りは

けがや糖尿病によって起こるケースも

ありますが、多くは老化現象による

ものです。

 

老化現象以外の原因

 

白内障の原因のほとんどは

加齢によるものです。

 

80代ではほぼ100%の人が

白内障です。

 

つまり白内障は誰にでも起こります。

そのほかの原因として、

目のけがによるものがあります。

そしてアトピー性皮膚炎も白内障の

原因になります。

 

アトピーで性皮膚炎で常に目を

こすってしまうためこの慢性的な

刺激が原因で白内障になります。

そのほか糖尿病も原因になります。

 

遺伝性や妊婦の風疹感染が原因の

先天性白内障もあります。

 

白内障のサイン

 

白内障をセルフチェックしましょう

□メガネをかけても思うように

視力が出ない

□視界が白くかすんだように見える

□夜、車のヘッドライトが非常に

まぶしく感じられる。

 

□暗い所のほうが見やすい

□ものが2重3重に見える

当てはまる項目があったら

早めの受診しましょう。

 

ただし視力が低下したり、まぶしく

感じるといった症状は白内障に

限ったことではありません。

 

つまり網膜や視神経に異常があると

白内障の手術をしても治りません。

 

白内障の診断は視力が落ちた原因は

白内障が原因なのかそのほかの病気も

あるのかを見極めることが大事です。

 

スポンサードリンク


白内障の予防

b20f103002e11d113801d21c504890ef_s
 

白内障は日ごろの心がけで予防したり

進行を遅らせる事が出来ます。

 

水晶体は紫外線の影響を受けると

たんぱく質が酸化変性により白く

なり濁ります。

 

紫外線から目を守るには日ごろから

UV加工のサングラスをかけたほうが

良いです。

 

サングラスは色が薄いほうが良いです

濃いサングラスのほうが光を遮断する

ので良いと思われがちですが

 

濃い色のサングラスをかけると

確かに光は目に届きにくくなりますが

その分、瞳孔は大きく開きます。

 

すると正面以外からのひかりが

入りやすくなり、紫外線の影響を

受けやすくなります。

 

逆に色の薄いサングラスをかけていると

その明るさのため瞳孔は閉じます。

 

よって紫外線の影響を受けにくくなり

ます。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

 

今回は白内障のチェックと

予防について調べました。

 

視力が落ちた原因が白内障によるものか

ほかの原因があるのか調べて対策を

しましょう。

 

色の薄いサングラスで紫外線をカットして

白内障の予防に役立てましょう。

 

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。