眼の健康などの視力に関する情報発信

レーシックで老眼は治りますか?レーシックの条件が知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レーシックで老眼は治りますか?レーシックの条件が知りたい

目の悪い人なら眼鏡やコンタクト

レンズなしでものをはっきりと

見えたらいいなと思いますよね。

 

しかし一度進んだ近視、遠視、乱視

は自然には治りません。

 

ただし屈折矯正手術を受けることに

よってメガネやコンタクトレンズが

不要の生活ができます。

 

スポンサードリンク



 

レーシックの手術とは

 

レーシックとはレーザーを使って

視力の矯正をする手術です。

 

角膜の一部を薄く剥がしレーザーを

当てて角膜の形状を変え、屈折異常を

矯正して視力を回復させます。

 

手術は日帰りで行われます。

 

20分程度で終了します。

 

多くの人は翌日には1.0まで視力が

回復します。

 

手術で痛みを感じることはありません

麻酔が切れた後に涙やゴロゴロ感が

ある程度です。

 

 

レーシックを受ける条件

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s
 

原則として18歳以上の人であれば

受ける事が出来ます。

 

レーシックは近視が進行している

最中の人には行えません。

 

円錐角膜や緑内障の人も受けることは

できません。

 

妊娠中や授乳中はホルモンバランスが

変化するので一時的に視力が不安定に

なる場合がありますので出産や授乳終了

一定期間を経てから受けます。

 

安定剤などを服用していると

目の調節機能に影響があり

視力が不安定になる場合があります。

 

レーシックと老眼

bbad66157e60a70e5b6ccdc47b799c45_s
 

レーシックでは老眼は治りません

老眼は目の調節異常なので

目の屈折異常を治すレーシックは

老眼を治せません。

スポンサードリンク



目は近くのものを見るときは

弾力性のある水晶体が厚くなって

自然にピントを合わせます。

 

しかし水晶体の弾力性は年齢と

ともに衰えていきます。

 

その結果水晶体が厚くならないで

手元に焦点が合わない老眼が始まり

ます。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

 

レーシックは屈折異常の目を治します

老眼は目の調節異常なのでレーシック

では治すことができないのです。

 

レーシックは目に特殊な病気がない

18歳以上なら受けられます。

 

レーシック手術はカウンセリングや

術後のケアがしっかりしている

クリニックを選びましょう。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。