眼の健康などの視力に関する情報発信

子どもの近視について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

子どもの近視について

裸眼視力が1.0未満の割合は

小学校低学年から徐々に増え始めます。

今回は子どもの近視について調べます。

 

スポンサードリンク


近視の種類

 

近視には2種類あります。

眼球の奥行きが長くて、焦点が網膜より

手前になってしまった

「軸性近視」

 

角膜や水晶体のカーブがきつく、または

毛様体筋が緊張した状態で固定し屈折が

大きくなってしまったことにより焦点が

網膜よりも手前になってしまった

「屈折性近視」

 

どちらの場合も近視は基本的に回復は

しません。

中学生までは近視の進行が速いという

データーがあります。

 

 

近視とメガネ

cd9a08002b31642c080bd498be57f82a_s
 

目にストレスと与え続けると、近視を

進行させてしまいます。

 

近視の目を守るためには、いつも

目に負担をかけないことが大事です。

 

ものが見づらくなって来たり

不便を感じたりするようであれば

すぐにメガネを作りましょう。

 

その際は必ず眼科を受診し、自分に

合ったメガネを処方してもらいます。

 

「メガネをかけたら近視の度が

進んでしまわないのですか?」

 

そんなことはありません。

 

メガネをかけることが近視を進める

のではなく、近視の進行形で

メガネを作ったから、メガネが原因

と勘違いしたのです。

 

スポンサードリンク



 

それより子供が黒板が視えづらい

状態で授業を受けたことが原因で

勉強についていけなくなったり

勉強に興味を持てなく立ったりする

ほうがよほどデメリットが大きいです。

 

メガネをかけるか否かは視力が0.3が

目安です。

 

視力が0.3を下回ると授業に支障を

きたす恐れがあると言われています。

 

 

遠視や乱視が強い子供

 

 

深刻なのは遠視や乱視が強い子供です。

 

近くは見える近視とは異なり、

遠くも近くもぼけた像しか見えません

視力の発達は5~6歳までに遅くても

10歳までにピントの合った像を網膜に

投影する必要があります。

 

その時期を逃すとどんなに治療を

施しても視力は回復しないでしょう。

 

視力の発達は目だけの問題ではなく

脳の発達にも影響を及ぼします。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

 

今回は子どもの近視について

調べました。

 

近視には2種類あって

「軸性近視」



「屈折性近視」

でしたね。

 

子どものメガネを作る目安として

視力が0.3以下になったらですね。

 

強い遠視や乱視がある場合

遅くても10歳までに対策をしないと

一生視力は回復しないです。

 

だったら親として何とかしてあげたい

ですよね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。