眼の健康などの視力に関する情報発信

ブルーライトメガネは意味がないのか?普段使いに利用すると

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

「パソコンを長時間使用していると
目が悪くなるよ」

「何が悪いの?」

「液晶画面からのブルーライトが
目に悪いのよ」



ブルーライトをカットする眼鏡は
本当に効果があるのでしょうか?

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6257485982177911"
data-ad-slot="6677485786"
data-ad-format="auto">


ブルーライトって何?

4bcf8ae7c7ba2e1ab9fd972e796642e0_s

波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。



ヒトの目で見ることのできる光の中でも、


もっとも波長が短く、


強いエネルギーを持っています。



角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。



パソコンやスマートフォンなどのディスプレイには、


このブルーライトが多く含まれています。



ブルーライトメガネは意味がないのか?





ブルーライトを見続けると、


目に障害が発生したり、


目が疲れたり、


眼や身体に大きな負担をかけると言われています。



厚生労働省のガイドラインでも

「1時間のデジタルディスプレイ作業を行った際には、


15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。



しかし



ブルーライトカット機能は、医学的に何の根拠も無いと言われています。

ブルーライトメガネは普段使い用にできるか?

292332123d12f2aca74c9ffd82508c1f_s
ブルーライトをカットするレンズは

かけた時に少し暗く感じてしまいます。


だからパソコンの作業以外には

向かないと思います。



さらに日中もずっとブルーライトを

カットし続けてしまうことにより、

逆にメラトニンが分泌される時間帯が

どんどん早まってしまうという


研究結果が出ているそうだ。



まとめ


6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

今回ブルーライトメガネについて

調べましたけど

パソコンの画面を見続けると

目の疲れや頭痛を引き起こす


こともあり

この眼鏡をかけることによって

解消されたと言う意見もあるのが


事実です。

信じるか信じないかはあなた次第です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。