眼の健康などの視力に関する情報発信

古代エジプトのシンボル、ホルスの目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

ホルスの目は古代エジプトの

シンボルマーク。

 

スポンサードリンク



 

ホルス神とは

 

オシリスとイシスとの間に

生まれた子。

 

古代エジプトではその名はヘル、

ホルというふうに発音された。

エジプトの王者〈ファラオ〉は

ホルスの生まれ変わりとされる。
そのホルス神は古代エジプトの

天空神で頭が鷹、体が人という

姿です。

右目は太陽、左目は月を表しています。

なぜホルスの目が象徴的に使われる

ようになったのでしょうか?

エジプト神話では、ホルス神の左目である「ウアジェトの目」は、ホルス神が父オシリス神の仇であるセト神を討つ時に失われたが、(この左目はホルス神の下を離れ、エジプト全土を旅して知見を得た後、)知恵の神にして月の神・時の神であるトート神によって癒され(ホルス神の下に戻り)、回復した。そのため、「ウアジェトの目」は「全てを見通す知恵」や「癒し・修復・再生」の象徴(シンボル)とされた。またホルス神が癒された目を父オシリス神に捧げたというエピソードから、供物の象徴(シンボル)ともされた。

以後ホルスは目の守護神とされ

聖眼として護符になりました。

 

 

エジプト神話

 

キリスト教とイスラム教が

広まる以前に古代エジプトの

人々によって信仰されてきた

神々の話です。

 

3000年以上の歴史がある

ホルス神のスタンド

 

ホルス神と言えばすぐに思いつく

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』

第3部「スターダストクルセイダース」

に登場するスタンド

 

エジプト神話の”ホルス神”の名を

持つスタンド。

 

基本的にスタンド像は見せないが、

6本の腕をもつプテラノドンの

ような姿をしている。

 

氷と冷気を操るという能力ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。