眼の健康などの視力に関する情報発信

夏目漱石が患った?トラコーマの症状と原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏目漱石は1887年に著した

「私の経過した学生時代」

によると夏目漱石は急性の

トラコーマにかかりました。

 

そこで今回はトラコーマ結膜炎

の症状と原因について調べます。

 

 

スポンサードリンク



 

トラコーマとは

407556
 

トラコーマはクラミジア・トラコマチス

という病原体による結膜炎です。

 

約一週間の潜伏期間を経て発症します。

 

まぶた、結膜に小さなぶつぶつがたくさん

でき、白目の充血や目やにを生じ、

進行に伴い角膜に血管が侵入して

角膜が濁って失明する病気です。

 

日本でもかつては多い目の疾患でしたが

いまでは衛生状態も良くなり、

抗菌薬が有効なため、今では

ほとんど見られない病気です。

 

しかし近年では性感染症の一つとして

注目されています。

 

新生児のトラコーマ

9ba6b012cd77f0275eca06e28f60621b_s
 

新生児の例では、母親からの産道感染

によって、生後一週間くらいで

 

粘液膿性の目やにが出たり

まぶたが腫れたり充血したり

といった症状が出てきます。

 

抗菌薬のない服や 点眼及び

軟膏で治療します。

 

早期に治療を行わないと

特に乳児では視力障害につながるので

注意が必要です。

 

スポンサードリンク



 

トラコーマの症状

 

トラコーマの症状は、まぶたの腫れ、

充血、眼痛、粘液膿性の目やに、

異物感など流行性角結膜炎と

似たような症状を起こします。

 

一番の特徴は結膜の小さなぶつぶつが

大型であることです。

 

細菌感染を合併する可能性もあります。

さらに、乳頭増殖、強い結膜の浸潤、

角膜潰瘍、まつ毛の乱生、眼瞼内反、

ドライアイ、視力低下、失明などを

起こします。

 

治るのに時間を要することが多く、

慢性化することもあります

 

トラコーマの原因

084962
 

トラコーマの原因として

クラミジア・トラコマチスのA、B、C型、

垂直感染の場合はD、E、F、G型が多く、

結膜炎を繰り返すことで発症すると

されています。

 

クラミジアなどの細菌に何度も

感染することにより慢性化し、

発症します。

 

トラコーマの治療

4862b70167941165d83866e876678d15_s
 

トラコーマの治療方法は、抗生物質の

内服が一般的です。

 

眼軟膏を使用する場合もあります。

 

人から人へと感染していくため、

保菌者が多くいる地域ではその地域周辺の

全住人にも抗生物質を投与する場合が

あります。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

クラミジア・トラコマチス

という病原体による結膜炎です。

 

流行性角結膜炎と

似たような症状を起こします。

 

トラコーマの治療方法は、抗生物質の

内服が一般的です。

 

トラコーマの治療方法は、抗生物質の

内服が一般的です。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。