眼の健康などの視力に関する情報発信

中心窩は網膜の中心にある視力の大切な一点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

網膜の中心には視力がとても鋭敏な

1点があります。それが中心窩

呼ばれています。

 

そして硝子体の収縮の影響を

受けるのが網膜です。

 

今回は中心窩と硝子体剥離について

調べます。

 

スポンサードリンク



 

ものを見る視野

 

瞳孔を通過して眼球内に入った光は

網膜というスクリーンにピントを結び

映像になります。

網膜は眼球の奥全体に広がっているので

一点を見つめても上下左右の広い範囲を

同時に視野に収めることが出来ます。

 

 

中心窩の存在

icon175x175
網膜の中心とそれ以外の部分は

視力が違ってきます。

 

文字を読むとき、人は視点を少しずつ

動かして、常に視野の中心で文字を

見ています。

 

その時離れた文字も見えてはいます。

しかしその文字を視点を動かさず

読むのは難しいです。

 

そこで網膜の中心には視力がとても

鋭敏な一点が存在することがわかり

ます。

 

その一点のことを中心窩と呼びます。

中心窩は直径約0.35㎜で周囲の

網膜より少し凹んでいます。

 

中心窩の網膜は錐体細胞という視力の

鋭敏な細胞以外は血管さえ存在しません。

 

それに高い視力を得るために特殊な構造です。

 

そのため中心窩の機能が失われると、

ほかの網膜の部分が健康でも、視力は

極端に低下してしまいます。

 

網膜の視細胞

092968
網膜の視細胞には杆体細胞と錐体細胞の

2種類あります。

 

杆体細胞はおもに光の明暗を感知する

細胞で、中心窩を除く網膜全体に広がって

います。

 

錐体細胞は細かいものを見分けたり色を

識別する細胞です。

 

網膜の中央に近い部分に密集して存在

してます。

 

スポンサードリンク



 

網膜の中心部が黄斑

343568
網膜の中心の中心窩を取り囲んで

いる部分が黄斑です。

 

濃い黄色で直径1.5~2mmです。

 

黄斑の網膜は中心窩程には特殊な

構造ではありません。

 

それでも錐体細胞の密度が高いので

中心窩の次に視力は鋭敏です。

 

後部硝子体剥離とは

ad0c434baa99cf6dee461ac4c6840ba1_s
 

眼球の一番内側には無色透明で

ゼリー状の硝子体があります。

 

この硝子体は眼球内部の大部分を

占めています。

 

ただし瞳孔から入った光を網膜に

透過させる空間を埋めているだけで

視覚に取ってそれほど重要な役割

ありません。

 

硝子体の表面は硝子体皮質という膜で

覆われています。

 

網膜の内側はこの硝子体皮質に接して

います。

 

硝子体は、歳とともに少しずつ液化して

体積が減っていきます。

 

このとき硝子体皮質は網膜からはがれ

てきます。

 

ところが硝子体皮質がうまく網膜から

はがれないと硝子体収縮の影響が網膜に

及び、様々な病気が起きてきます。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

 

今回は中心窩と硝子体剥離について

調べました。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。