眼の健康などの視力に関する情報発信

メガネを持ち歩くときメガネケースに入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

メガネを正しく扱っていますか?

メガネを安全に正しく使ために

メガネの正しい取り扱い方に

ついて調べます。

 

スポンサードリンク



 

メガネをかけるとき

216796
テンプルをきちんと開いて

顔に添わせながら両手で正面より

ゆっくりと掛けてください。

 

このときテンプルの先で目や

顔をつかないように注意しましょう。

 

 

メガネを外すとき

216796
 

テンプルをもって顔に添わせながら

両手で正面よりゆっくりと外して

ください。

 

片手での掛けはずしやテンプルを

強く広げるとレンズやフレームの

破損、変形、ゆるみの原因になります。

 

 

メガネを置くとき

292332123d12f2aca74c9ffd82508c1f_s
 

レンズの凸面を上向きにして

置きましょう。

下向きにするとレンズに傷が

つく原因になります。

 

 

 

 

メガネを拭くとき

 

 

拭くレンズの外側をもって

レンズ専用メガネ拭きで

そっと拭きましょう。

 

力を入れすぎると

フレームやレンズが破損する

こともあります。

 

ふちなしフレームはレンズがむき出し

になっているのとレンズに穴をあけた

加工をしてあるので普通のレンズより

レンズが割れやすいです。

 

 

 

メガネレンズにゴミやほこりがついてる

 

 

まず水洗いしてください、

ティッシュペーパーで水気をとってから

レンズ専用メガネ拭きで拭きます。

からぶきをするとレンズに傷がつく

原因になります。

 

 

 

 

メガネの汚れがひどいとき

 

 

中性洗剤を薄めた液で洗ってください。

そのあと水洗いして拭いてください。

 

アルカリ系や酸系の洗剤はメガネの

コートがはがれる原因です。

 

 

 

メガネを持ち歩くとき、保管するとき

 

 

メガネを手入れしたうえで、レンズ部を

保護するように布でくるむなどして

メガネケースに入れてください。

 

また、保管の際には防虫剤、

洗剤、化粧品、整髪料、薬品などの

入った場所に保管しないでください。

 

レンズ、フレームの変質、変色

劣化の原因です。

 

 

メガネレンズは強い衝撃を避けてください

90fed04d81cea1c224d39b49a369e9ff_s
 

野球やサッカーなどのスポーツをする

場合はゴーグルなどの保護具を

併用してください。

 

 

 

メガネをして車の運転

 

メガネに慣れないうちの運転は

見る位置によりぼやけて見えたり

距離感がつかめず危険です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。