眼の健康などの視力に関する情報発信

糖尿病と診断されました、眼底検査でわかること!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

糖尿病による網膜症は眼底の検査が必要に

なるのですが、その検査はどんなものか

知りたいので、今回は糖尿病と眼底検査

について調べます。

スポンサードリンク


糖尿病網膜症

ea35883d8084eeecba559ae28a4d3098_s
糖尿病の合併症として急激に増加してます。

 

また糖尿病は網膜以外にも白内障、

出血性緑内障なども合併することがあります。

 

失明することが多くなります。

 

眼底検査とは

d697099129490bc74ba9bba191f88225_s
目は光を感知する器官です。

 

その内部は透き通っていて、瞳孔から

眼球の奥のほうを覗くことができます。

 

これを利用して、眼底の様子を観察するのが

眼底検査です。

 

眼底検査はまず、瞳孔を特殊な目薬で開きます。

そして、眼底の観察をします。

 

眼底出血、網膜剥離、視神経炎、黄斑変性

などがわかります。

 

異常があれば治療を行う事になります。

糖尿病網膜症であれば、眼底出血等の有無

を確認します。

 

そのほかの疾患として

緑内障の場合は神経の圧迫、、

 

高血圧であれば動脈硬化や、血管が

細くなっていないかなどの変化を見ます。

 

瞳孔を広げる目薬をさすと、瞳孔が開いて

目に入る光が多くなるので、薬が効いている

数時間は、まぶしさが続きます。

 

眼底検査を受ける日は車を運転しての通院は

避けます。

 

スポンサードリンク



 

蛍光眼底撮影とは

615f41e0921f6d3ae67492dab653faf3_s
網膜の血管の異常を正確に把握するために

造影剤を静脈注射した後、

眼底写真を撮影する検査です。

 

網膜の虚血部分の位置や血管の弱さなどが

ハッキリとわかるので治療法を決めるのに

役立ちます。

 

眼底検査でわかる病気

084962
・高血圧および動脈硬化による眼底変化

・網膜血管閉塞による病変 網膜血管閉塞による病変

・糖尿病性網膜症

・黄斑部疾患

・網膜はく離

・網膜変性疾患

・腫瘍

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は眼底検査と糖尿病網膜症について

調べました。

 

眼底検査によって

糖尿病網膜症だけでなく

様々な病気がわかるのですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。