眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障の手術時期はいつがいいでしょうか?見えにくくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白内障は早めに手術をした方が

いいのでしょうか?

あなたは白内障でものが見えにくく

ありませんか?

 

日常生活に不便さを感じませんか?

 

今回は白内障の手術時期について

調べます。

 

スポンサードリンク


白内障はいつ手術を受けるか

901ddc97a4e6b2d697d9b0273cbee932_s
 

白内障の初期なら、ちょっとした工夫で

症状を改善できます。

 

近視が進めばメガネをかければいいですし

まぶしかったらサングラスで対応すれば

いいです。

 

しかし、白内障が進行してメガネが役に

たたなくなてきたり、日常生活において

不便さを感じ出したら早めに白内障の

手術を受けたほうがいいです。

 

白内障の手術自体は安全な手術です。

 

運転免許の更新のために50代で手術を

受ける人や、90歳を超えて手術を受ける

も珍しくありません。

 

早めに手術をした方がいい人

084962
医師の判断で早めに手術をした方がいい場合も

あります。

 

進行した白内障

進行した白内障をそのままにしておくと

緑内障やぶどう膜炎などを引き起こすことが

あります。

 

その疑いがある場合は、患者が日ごろ不自由を

感じていなくても手術をすすめられます。

スポンサードリンク



糖尿病の人

糖尿病網膜症による視覚障害を防ぐために

定期的に眼底検査をして網膜の状態を常に

把握しておきます。

 

眼底が見えないようであれば、早めに手術を

して網膜の管理をします。

 

ほかの目の手術を受ける

 

緑内障手術や硝子体手術などの眼科手術を

受ける場合、そのとき同時に白内障の手術を

します。

 

手術を一回で済ませたほうが眼球に優しいです。

 

手術を少し待ったほうがいい人

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s
逆に手術を待ったほうがいい場合もあります。

 

糖尿病網膜症で状態が不安定

 

手術が眼球に刺激を与え、網膜に悪影響を

及ぼすこともありえるので糖尿病網膜症の

症状が安定するまで待ちます。

 

角膜内皮細胞の数が少ない

角膜の内側を覆っている角膜内皮細胞の

数が極端に減ると、角膜が濁って視力が

低下します。

 

そうすると角膜移植による治療が必要に

なってきます。

 

白内障の手術では内皮細胞の数がすこし

減りますので、内皮細胞の数が少ない場合は

あまり急いで手術をしないほうがいいです。

 

近視が強く白内障の進行に左右差がある人

白内障があまり進行しておらず手術を

しないほうの目が強い近視だと、手術をした

側の目との差が大きくなりすぎます。

 

この場合は白内障の進行を待ち

両目を同時に手術をします。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は白内障の手術時期について

調べました。

 

白内障の手術は日常生活に不便さを

感じたときが手術時ですね。

 

しかし医師の判断で早めにしたほうがいい

場合も少し待ったほうがいい場合も

あるんですね。


 

自分はどうか医師と相談ですね。

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。