眼の健康などの視力に関する情報発信

感染性眼内炎の原因は何?症状と治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「感染性眼内炎って何ですか?」


「目で起きる感染症のことだよ」


「細菌とか?・・」


「そう、細菌だけじゃなくカビや
ウィルス、寄生虫なども原因になるんだ」


「さらに目の手術や目のケガが原因のこともあるんだ」


「へーじゃあ詳しく教えて」



感染性眼内炎の原因とは

368933
細菌や真菌、寄生虫などによる感染が原因となって

目のぶどう膜が炎症するものと

眼の手術や目のケガが原因になるもの


血液の感染によって起こる事もあります。




ぶどう膜とは

眼球の内側にある脈絡膜〈みゃくらくまく〉と毛様体〈もうようたい〉、

虹彩〈こうさい〉の三つをまとめて呼ぶ総称です。

これらは眼球の中心部分を包み込むよう広がっています

感染性眼内炎の症状

主な症状として目の激しい痛み

目の充血


まぶしく感じるなどの初期症状があります


さらに病気が進行すると
視力の低下
視界の一部が失われたり


最悪、失明の可能性もあります。


感染性眼内炎の治療法


目薬01

たいていの場合

目薬の点眼で治ります。



すでに視力障害が生じている場合は、

手術が必要になることがあります、



視機能障害が残る可能性があります。


まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は感染性眼内炎について



解説してきましたが


結論として


できるだけ早期に診断し、


原因となっている病原体に対する


治療を行うことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。