眼の健康などの視力に関する情報発信

赤ちゃんはいつから見える?視力に異常があったらどうする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤ちゃんはいつからものが見えるようになる

のでしょうか。

 

もし視力に異常があったら早く発見して

あげたいけど、

赤ちゃんの目の異常は分かりにくいので

つい過剰な心配をしてしまいますよね。

 

そこで今回は赤ちゃんの視力異常の

弱視のなかでも目の向いている方向が

違うので異常を発見しやすい斜視による

弱視について調べます。

スポンサードリンク


赤ちゃんはいつから見える

ea8d1ec62ab5e3296445dbb085f865ed_s
生まれたての赤ちゃんは、ほとんど目が

見えていない状態です。

 

視力は0.01位です。

 

2ヶ月くらいまではものの輪郭もはっきりとは

見えません。
赤ちゃんの視力は“脳の発達”とともに

成長していくものです。

 

健康な視力をもつ幼児であれば、

3歳で視力0.5くらい、

6歳にかけて視力が1.0くらいまで上がり、
次第になんでも見えるようになっていきます。

 

子供の弱視

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s
弱視とは、目そのものは健康だけれど

遠視・乱視(屈折異常)や斜視が原因で視力の

発達が遅れている状態を言います。

 

ヒトは、角膜と水晶体で光を曲げて、

網膜の中央(黄斑部)に、焦点を合わせます。

 

網膜上に映った像は、視神経を通じて、

脳に送られます。

 

そこで脳が像を判断し、ものが見えるのです。

赤ちゃんのときはこの機能がうまく

働いていないが、目が正常ならば

成長と共に視力は発達していきます。

 

しかし、遠視や乱視、斜視があると、脳に

鮮明な像が送られないことになるので、

視力が発達しないのです。

 

斜視弱視

331017
「斜視」とは、片方の目が違う方向を向いて

しまう症状です。

 

脳に左右の目から違った情報がはいるため、

そこで脳は片方からの情報をストップさせて

しまうのです。

 

そのためストップされた目は機能が停止し

視力が発達しないのです。

 

スポンサードリンク


弱視の治療

901ddc97a4e6b2d697d9b0273cbee932_s
一般的に弱視の治療は眼鏡をかけて、矯正し

ます。

斜視弱視の場合、斜視手術を組み合わせて

訓練を行います。

 

訓練の方法は、良いほうの目をアイパッチ

などでかくして弱視の目を使わせる遮閉法

が基本です。

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は斜視が原因の弱視について調べました。

 

斜視の場合左右の目の向きが違うので

比較的発見しやすいのが特徴です。

 

弱視は早期に発見し、適切な処置をすることで

 

目と脳の発達を回復することができます。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

 

してくださると幸いです◎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。