眼の健康などの視力に関する情報発信

赤ちゃんの視力異常は親が早めに気づいてあげたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

「赤ちゃんって生まれたときは目が見えない

のですよね」

と、良く聞きますが、赤ちゃんはいつごろから

目が見えるのでしょう。

もし赤ちゃんの目に異常があったらどのようにして

気づいてあげればいいのでしょうか。

気になるので、

今回は赤ちゃんの視力異常について調べます。

スポンサードリンク


赤ちゃんの視力の発達

9ba6b012cd77f0275eca06e28f60621b_s
赤ちゃんの目は生まれた後どのように見えてくるの

でしょうか。

生まれてから2ヶ月の間

2ヶ月目までの間はまだ目の焦点をあわせられない

ので、ものの輪郭ははっきりとは見えていません

色も黒・白・グレーだけしか認識できず、

視力は0.01~0.02ほどです。

3ヶ月から5ヶ月

このころになると、目の焦点を定めることが

できるようになり、物の輪郭がぼんやりと

わかるようになります。

色はだんだんと認識できるようになります。

「赤」のようなはっきりとした原色から分かる

ようになってきます。

視力は0.04~0.08

6ヶ月~1歳

おすわりもできるようになり視界が広がり

新たな刺激が加わる事で、身体の運動能力

と一緒に視力も急激に発達していきます。

視力は0.1

1歳以降

ほとんどの赤ちゃんは視力0.1以上。

一人歩きを始める子も出てくるため視覚は

ますます発達していきます。

3歳くらいまでに0.6~0.7までになり、

ほとんど大人と同じものが見えています

スポンサードリンク


赤ちゃんの視力異常の発見

6歳くらいまでは目はまだ発展途中です。

赤ちゃんの視力の異常にいち早く気づくため

には、とにかく子供をよく観察することがな

により重要です!

視力異常の発見のポイント

□テレビを見ているときや本を読んでいるときに、

近寄って見ていないか。

□ものを見るときに、目を細めて、見ていないか。

□ものを見るときに、目を細めて、見ていないか。

□横目で本やテレビを見ていないか。

□顔を傾けて、ものを見ようとしていないか。

□絵本などを見ることに根気がない。

□絵や物、人を見まちがえていないか。

□文字や行を読み違いやすくないか。

これらに当てはまったらすぐに眼科医に相談

しましょう。

赤ちゃんの視力異常の症状

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s
赤ちゃんのときに何らかの原因で視力の発達が

止まってしまうことがあります。

これを弱視といいます。

弱視は眼鏡でも矯正できないものです。

これは若年ほど治りやすいので早めの発見、

早めの治療が大切です。

健診のときでも発見されにくいものもあり

家庭で注意してあげましょう。

弱視の治療は、

弱視の症状に合った適切な眼鏡をして

脳に鮮明な映像を映し、視力の発達を促す

ことです。

眼鏡だけで治らない場合は片方の目に眼帯

などをする遮閉訓練を行います。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は赤ちゃんの視力異常について調べましたが

いかがでしたか。

子供の視力異常は弱視と呼ばれるものがほとんど

で、発見が難しいのもあるので、家庭で子供の

様子をしっかり観察して、

異常があったらすぐに眼科医に相談してください。

早期発見、早期治療で子供の弱視は治ります。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。