眼の健康などの視力に関する情報発信

眼鏡をかけているのになかなか視力が出ないですが・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眼鏡をかけても視力が出ないのは

弱視です。



「弱視」は、早期発見・早期治療です。


6歳ぐらいまでの治療で治るものです。


今回は、「弱視」の原因の1つ、症状が

少なく気づきにくい「不同視弱視」

について調べます。


スポンサードリンク




弱視のタイプ




弱視にもいくつかのタイプがあります。


屈折異常弱視

遠くを見ても、近くを見ても、

ピントが合わないような強い屈折異常が原因の

弱視です。

 

斜視弱視

斜視が原因でおこったものが斜視弱視です。

眼位のずれが早期に発見できます。

 

不同視弱視

左右の屈折度が違うことが原因の弱視です。

 

なかでも不同視弱視は症状も少なく

見掛けもなんでもないので発見が難しいのが

特徴です。


不同視弱視について

400024

不同視とは左右の屈折度が違うことです。

弱視になりやすい眼は、乱視、近視よりも、

遠視眼です。

片目が強い遠視だと、見えるほうの目だけ

使ってしまい。反対側の目が見ることを

やめてしまうので、左右のバランスが、

わるくなり、弱視になるのです。


不同視弱視は斜視もなく片方の目は

よく見えるので、

3歳児検診で異常が発見されないことが

あります。


きちんと検査をしないと発見できないのです。

家族・本人が気づかず、小学校低学年の時

はじめて発見されることがあります。


スポンサードリンク




不同視弱視の治療

099694

弱視の治療は早期発見・早期治療です。

ただし、不同視弱視は通常、8歳をすぎても

治療効果はあります。



不同視弱視の治療法は、眼鏡をかけます。

良いほうの目に眼帯をして、弱視の目を

使う訓練をすることもあります。



しかしこの方法は、両目で見る機能を障害する

恐れもあるので長期で行うことはありません



まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s


今回は「不同視弱視」

について調べました。



片方の目が悪いとき、その目を使わない

ことが原因で起こるのでしたね。



弱視は早めの発見、治療ですが

「不同視弱視」は発見が難しいのですね。


親としては早めに気づいてあげたいものですが

小学校に上がるまで気づかないこともあるのが

この不同視弱視です。



それでは、最後まで読んでくださって



どうもありがとうございました!^^



よろしければシェアやコメント等



してくださると幸いです◎




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。