眼の健康などの視力に関する情報発信

幼児の目やにが増えた原因は?風邪をひいてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

子供の目やにが大量にでています。


風邪が原因なのでしょうか?


目の病気ですか?


と、心配ですよね。


今回は幼児の目やにの原因について

調べます。


スポンサードリンク





目やにとは


ea8d1ec62ab5e3296445dbb085f865ed_s
朝起きた時に目やにがついていたという

経験はあると思いますが、

これは目に入ったほこりや古い細胞などの

老廃物です。


目の表面は常に涙で覆われていて

まばたきをするときに涙は入れ替わります。


そのとき、老廃物も涙と一緒に涙道を通って

鼻から喉へと流れていきます。


しかし寝ている間はこの涙の循環が行われない

事になり、朝になると目やにがたまっているのです。


また、結膜炎などの炎症によって目やにが

出ます。


目やにと目の病気

331004

大量の目やには結膜炎の可能性があります。


結膜炎の原因には細菌やアレルギー、ウィルス

などがあり、目やにの量も少なく感染力の弱い

細菌性結膜炎なら心配は要らないが、

ウイルス性は目やにの量も多く、充血などの

症状も強くなります。


ウイルス性の代表に

「流行性角結膜炎(はやり目)」

「咽頭結膜熱(プール熱)」があります。


発熱などの全身症状や感染力が強いため

「学校感染症」に指定されています。


スポンサードリンク




幼児の目やにの原因

082243

風邪をひいたときに目やにが増えるのは

鼻水が関係しています。


風邪をひくとウイルスなどを体外に排出しよう

として鼻水が出ます。


しかし子供は自分で鼻をかむのが苦手なので

鼻水がたまりがちになります。


大人に比べて子供は目と鼻の距離が近く、

鼻涙管が短いのでたまった鼻水が逆流して

目やにになることがあるのです。


まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s


今回は幼児の目やにの原因について

調べました。


子供の目やには風邪を引いたときも

出るのですね。


それでは、最後まで読んでくださって


どうもありがとうございました!^^


よろしければシェアやコメント等


してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。