眼の健康などの視力に関する情報発信

目の充血が重症な病気のサイン?充血の原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

目が充血することは多くの方が経験したこと

があると思います。

 


しかし、なぜ目は充血するのでしょうか?

今回は目の充血について調べました。

スポンサードリンク





目の充血

375224


目の充血とは結膜にある血管が拡張して

太くなることで、白目が赤く見えることです。



充血を起こす病気で一番多いのは結膜炎

です。



結膜炎を起こす原因には、ウィルス、細菌、

アレルギーなどがあります。


充血が続く時や、強く起こった時は診察を

受けましょう。

充血の種類/h3>

343568
「結膜充血」と「毛様充血」の2種類に分けられます。

結膜充血




白目の部分が赤くなっている状態です。

白目の表面の膜を結膜と呼びます。


この結膜の血管が浮き出ることによって

目が赤く見えます。


一般的によくある結膜炎での充血はこの結膜充血になります。


毛様充血


黒目の近くが赤くなっている状態です。


黒目の表面の膜を角膜と呼びます。


この角膜の周辺の充血がひどく、


角膜から離れるほど赤色は薄れていきます。


毛様充血は、眼球の外側にある角膜や強膜、ブドウ膜

の炎症によって起こります。

原因となる目の疾患には、角膜炎、強膜炎、

ブドウ膜炎などがあります。


スポンサードリンク



どっちの充血が危険か

067930
角膜の周りが充血している毛様充血は注意が

必要です。


結膜充血は重大なことに繋がることもないの

で緊急性はありません。


毛様充血は視力低下や痛みが強いなどの

症状が出る場合もあります。


充血の原因が角膜潰瘍や急性緑内障の場合は

放っておくと失明の可能性もあるのです。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は 目の充血について

調べましたがいかがでしたか。


放っておいても治る軽いものから、


数日の治療で治るもの、


また失明をもたらす重大なもの


など充血の原因は色々あります。


さらにドライアイや花粉症、

コンタクトによる影響や紫外線による影響

など目の充血には様々な原因があります。


それでは、最後まで読んでくださって


どうもありがとうございました!^^


よろしければシェアやコメント等


してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。