眼の健康などの視力に関する情報発信

ルテインで目の病気を防ぐ、ブルーライトと付き合うために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目の病気を防ぐ成分として、

ルテインがあります。


そのルテインは何でしょうか?

どんな食べ物に含まれているのでしょうか?


ルテインについて調べます。

スポンサードリンク






ルテインは色素成分

816c3ee8ef2a7f5853984d9822b80619_s

ルテインはマリーゴールドやほうれん草、

ブロッコリーなどに含まれる黄色の色素成分です。


しかしルテインの必要な量を食べ物で摂取しよう

とすると、毎日ほうれん草を150グラム食べる必要が

あるのです。


このようにほうれん草から必要量を摂取するには

無理がありますね。


ルテインは網膜に存在する

138407

ルテインは網膜に存在する成分で、目を

活性酸素から守る役目があります。


活性酸素は老化を早めたり、様々な病気を

引き起こす原因といわれているので

ルテインは目にとってなくてはならないのですね。


ルテインはブルーライトを吸収

7c7f3e84ce980e6c1ef12f1b1958699c_s

パソコンやスマートフォンだけでなく、

テレビや、携帯型ゲーム、昼白色の照明、

車のライト、信号機などにも含まれている


ブルーライト。


日中だけでなく夜間でもたくさんの光に溢れ

私達の生活は便利になった反面、体への負担や

疲れもを感じやすくなっています。


ルテインはブルーライトを吸収・遮断する


ことができるため、

“体の中のサングラス”

とも呼ばれています。


ルテインはブルーライトや紫外線のダメージ

の源である活性酸素を消去し、

炎症を防いでダメージを和らげる効果も

持ち合わせています。


ビルベリーと三大カロテノイドを実感!【ビルベリースカット】

バイオサプリのビルベリースカット




こんな方におすすめ
・1日のなかで、パソコンやテレビ、スマートフォンを見ている時間が多い。
・よく本や新聞を読む。
・よく車の運転をする。
・子供が携帯ゲームばかりしている。
・カロテノイドが豊富な緑黄色野菜をあまり食べない。
・小さい文字が見えづらい。
・ピントが合いにくい。
・虫が飛んでいるようでうっとうしい。
・コリがひどい。ドライアイとは、涙が足りなくなって目が

スポンサードリンク



まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s


今回は ルテインについて

調べましたがいかがでしたか。


緑黄色野菜に多く含まれるルテイン

を摂ることが大切ですが

日本人は欧米人に比べると野菜の摂取量が

少なく毎日の食事から十分な栄養素を摂る

ことが難しくなっています


バイオサプリのビルベリースカットは、

ブルーベリーの約5倍のアントシアニンを含む

北欧産野生種ビルベリーを、


1日目安量に240mgしっかり配合。



そのほか、あわせて摂るとよいカシス由来の

アントシアニン(青紫色色素)
ルテイン(黄色色素)
アスタキサンチン(赤色色素)
リコピン(赤色色素)
など植物由来の3色のカロテノイドをしっかり

配合しています。


ビルベリーと三大カロテノイドを実感!【ビルベリースカット】



それでは、最後まで読んでくださって


どうもありがとうございました!^^


よろしければシェアやコメント等


してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。