眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障の初期症状で色の見え方が変わります。目薬の副作用はあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「お父さんどうしたの?」


「んー最近目がかすんで ものがぼやけて見えるんだ」


「それって白内障かもよ」

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s
「白内障ってよく聞くけど、どんな病気?」




では、今回は白内障について解説します。


スポンサードリンク






白内障って



水晶体って聞いたことありますか?


目のレンズに当たる部分です。

343568


この水晶体がにご

ってしまうと



すりガラスを通したようにぼやけて見える病気です。




水晶体は、水分とタンパク質からなる成分からできています。


これが老化にともなって、


タンパク質が変性したり水分量が変化して、

白くにごってくるのです。




水晶体がにごると、物を見るときに

光が網膜まで届きにくくなり、

光の屈折具合が変化するため、

物が見えづらくなるのです。




白内障の初期症状




初期症状はこれといった症状はみられません。


進行するにつれて、


目がかすむ、


ぼやけて見えにくい、


光がまぶしく感じるなどの症状が現れます。



白内障の色の見え方



景色が黄ばんだように見えます


なので白地に黄色で書かれたものは見えにくく

青や緑色は黒く見えます。



赤とか黒は普通に見えます。



白内障の目薬の副作用



今は白内障を完全に治療する目薬はないのが現実です

しかし症状を遅らせることのできる目薬はあるのです。

目薬01
スポンサードリンク




目薬で

ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤があります。


しかし副作用もあるのです

主な症状としては

まぶたの腫れ、

目の痒みや充血、

刺激感

目の痒みや充血、

一時的なかすみ

などの副作用があります。



やはり完全な目薬は存在しないのです。

まとめ



水晶体がにごって

すりガラスを通したようにぼやけて見える病気です。



初期症状はこれといった症状は

ないので手遅れになる確率があります。



今現在は白内障を治す薬はありません。




白内障の手術は「超音波乳化吸引術」といって、

にごった水晶体を超音波で砕いて取り出し、

眼内レンズを挿入する方法で行われます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。